乳がん 手術・入院代 (公立病院)

病気が分かった時大いに気になったことの一つに、

手術とか入院代っていくらかかるの?

ということがある。

これから治療を受けられる方の参考に、私が治療を受けた病院(公立病院)での
乳がんの手術・入院代を記載しておきます。

片側全摘手術(リンパ節切除あり) 入院8日 高額療養費限度額適用

合計金額 142,901円  

補足事項
多くの方がご存知のように、私も利用した高額療養費(こうがくりょうようひ)とは、病院などの窓口で支払う医療費を一定額以下 にとどめる目的で支給される制度であり、入院や治療前に高額療養費限度額適用申請をすると、一定の自己負担限度額のみの支払いとなる制度です。

標準的な世帯での限度額は8万数千円。

社会保険などに加入している場合、「保険適用」の治療で、事前に申請すれば、自己負担は8万数千円で済む、というのがざっくりとした内容です。

ではなぜ、我が家が14万円かかったかというと、

制度の運用が「月単位」での計算となる、からです。

どういうことかというと、
「月をまたいで入院・手術した場合」と「ひと月内で入院・手術がすんだ場合」
同じ内容の治療だったとしても負担額が違ってくるのです。

私は入院6月28日→退院7月5日 だったため、
6月分(限度額いっぱい)と7月分(約5万円)の合計で
上記金額となったわけです。



もちろん入院前にこのことは把握していましたが、「1日も早く手術してほしい!」という
心理の中、入院日を遅らせるという選択は私にはありませんでした。


でもさあ、やっぱり病気で収入/支出のバランスが大きく崩れる身としては、
同じ治療でも暦の上のタイミングの違いだけで負担金が人により異なるというのは切ないわけです。

「ひと月」の設定を個人個人の申請にはあわせられないものでしょうか?
(例えば私の場合、6月28日から7月27日をひと月とする)

そうだね!と思う方、「えっ、そうだったの!?」
と思う方、クリック↓で応援お願いします!


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment