重症ではないけれど遺言について考えてみた

さて、今日は遺言について。
私は40歳。病状は幸いにも悪くもなく、一般的には「遺言?まだ早いんじゃない。」っていうところ。
でも人生、正直何があるか分からない。病気になって痛感した。

「遺言=縁起が悪い」って考える人もいるけど、そんなこと言ったら保険だって超縁起悪い。「保険なんか掛けたらほんとに病気になる!」って言う人いるか?いないよね。
遺言って「残された人への心遣い」だと思う。
遺言がなかったら、残された人が財産分与とか一からスタートしないといけない。
だいたい財産、どこにどんだけあるねん?
っていうか、財産なんて言うほどのものもないけど
私のなけなしの金、家族の誰にも気づかれずに銀行に没収、なんて絶対イヤ!

お金だけの問題ではない。
行政書士さんが言ってたけど、
遺言にお世話になった人への感謝の言葉とか書いとくと親族間の争いが減るんだって。
うちの親が死んだ時、両親とも遺言はなかった。
死後もいさかいは無かったけど、なんか書いといてくれたらうれしかったのにな。
特に一番頑張ってくれた次姉に。

と言う訳で購入してみました。「エンディングノート」。



キャッチコピーは「人生のさまざまな“もしもの時”に備え、自分自身や家族のためにあなたの情報をまとめておきませんか。」

保険のことや公共料金の引き落とし、ターミナルケアの希望やペットに関する覚書まで、さまざまなことが記入できる便利な一品(o´∀`o)。

告知→余命の期間に関わらず、病名・余命とも告知希望(を選択)
戒名→つけないでほしい(を選択)
保険→満期日や連絡先を記入

などなど。夫婦で書いたらばっちりやね

…で、肝心の遺言はどこに書くの?

と思ったらなんと遺言キットは別売り!!



コクヨさん、商売根性強すぎ!(←確認してから買え!(by夫))

まあ、自筆証書遺言の書き方は書いてあるし、自力で何とかするか。



明日、11月15日は“いい遺言の日”。頑張ってみますかね。

頑張れよ、と言う方も、「私も銀行に寄付するのいや!」と言う方も
応援↓いただけますとうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

お陰さまで風邪はだいぶ良くなりました(コメや応援ありがとうございます)
咳は続いていますが倦怠感はないのでほんとに楽になりました(←オット、マラソン走りにいっちゃうし(笑))。
最後のFECから3週間。やっと、ほんとにやっと解放された~!
スポンサーサイト

2 Comments

ねこみか  

へ~~。こんなコクヨノートがあるんですね。
bambiさんは、こまめにノートつけるほうですか?
私、気に入って買っても半分くらい埋まらないままだったりする・・・
うちの主人と長女はB型でして、多分読んでくれそうもないので、
娘には、今の母(私)の気持ち、メールで伝えてます。⇒かろうじて読んでくれる。

2011/11/15 (Tue) 15:21 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

ねこみかさん

> へ~~。こんなコクヨノートがあるんですね。
> bambiさんは、こまめにノートつけるほうですか?
> 私、気に入って買っても半分くらい埋まらないままだったりする・・・
> うちの主人と長女はB型でして、多分読んでくれそうもないので、
> 娘には、今の母(私)の気持ち、メールで伝えてます。⇒かろうじて読んでくれる。

つけませーーん(笑)。
なので夫からもけん制して「(俺に押し付けずに)自分で書けよ。」と言われてます。
そんな私もB型です!

2011/11/15 (Tue) 22:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment