スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳がん体験者の乳房再建セミナーのご案内

乳がん患者会Pifさんが”乳がん体験者の乳房再建セミナー”を開催されます

「再建ってどんなの?」から「患者さんの集まりってどんなとこ?」まで、ご関心のあるみなさまぜひどうぞ(^-^)
(場所も名古屋駅すぐ近く!)

               

11/29(日)に「乳がん体験者の乳房再建って、どんなもの?」と題して
昨年に引き続き乳房再建のセミナーを主催します。

1部の形成外科医の武石先生の講演は
症例をたくさん出していただいてわかりやすくお薦めです!

2部は乳房再建体験者の本音のお話しが聴けます。
実際のお胸も女性の乳がん体験者にはご覧いただけます。

★日時:2015年11月29日
     pm13:00ー16:00 (受付12:30より)
     
★場所:ウインクあいち
    (愛知県産業労働センター)
    9階903会議室
 
    〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
     http://www.winc-aichi.jp/access/

 ※アクセス
(JR・地下鉄・名鉄・近鉄)名古屋駅より
  ◎JR名古屋駅桜通口から 
   ミッドランドスクエア方面 徒歩5分
  ◎ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分
 
★参加費:1,000円
 
★対象者乳がん体験者とそのご家族を中心に

★スケジュール

1部『 乳房再建の魔術師 武石明精医師 』に伺います。
  質問の時間も取りますので、
  疑問なこと、心配なことも聞いてみませんか。


2部 乳房再建体験者とのお話し会&体験会
  ・体験者と本音の話しをしませんか。
  ・乳房再建手術経験者のお胸もご覧いただけます。
   (女性乳がん体験者で希望の方のみ)


★形成外科医 武石明精医師のご紹介

 患者様に寄り添い乳房再建を行うことで定評があり、
 患者様に大変信頼をされています。
 また、自家組織での再建で患者負担を軽くし、
 形の整ったお胸を再建するために、
 お胸からシリコンで型を取り、採取した皮弁を
 詰めて形を整える「乳房再建MT式計量システム」を考え出され
 た医師でもあります。
 自家組織とインプラント 両方の再建をされます。


★乳房再建に関する質問募集
 武石先生にきいてみたいこと、
 乳房再建体験者に聞いてみたいことを
  お申込み時にお知らせください。

  なお、全ての質問にお答えできない場合もございま
  すのでご容赦の程よろしくお願い致します。

 
★【お申込み方法』
 以下を明記の上メールにてお申し込みください。

 お申込みメールアドレス
↓ ↓ ↓
 pif_on@yahoo.co.jp

  ・お名前
 ・年齢
 ・電話番号
 ・メールアドレス
  ・参加人員
 ・乳がん体験者本人又は家族を明記
 ・武石先生又は体験者に質問があれば明記



私達が乳房再建に迷って迷って
どうしたらいいか判らないときに
武石先生に講演会で出会い、
希望となったように
この出会いがあなたの希望となることを
願っています。

一歩踏み出して是非お越しください。

お申込みお待ちしております。


ご案内ブログ

http://ameblo.jp/toukai-brs/entry-12076046731.html


お申込みメールアドレス
 ↓ ↓ ↓
pif_on@yahoo.co.jp

               

 おまけ  

みなさま病気をきっかけに心境の変化ってありましたか?
私は「なにもやりたくなーーーい」暗黒グレグレ期を経て、「やりたいことはやろう!」って以前にもまして思うようになりました。

で、なにをしてるかというと暇さえあれば精力的に遊びまくってます。
ここ最近では京都のピンクリボンウオークとか湯谷温泉とか。
(実は座ってしゃべるより出歩く方が断然好きなタイプです)

そして先日これも行きましたよ~。

20151111081707027.jpg

日が沈む少し前。
どこかわかるかな~?

20151111081707570.jpg

日が暮れるとこんな感じ。

20151111081707503_20151111110933eae.jpg

分っかるかな~?

20151111081707199.jpg

どこか教えなーい。
けどヒントは「光のトンネル」が有名なとこ。

20151111083720066.jpg

今年のテーマは「アルプスの少女ハイジ」
(ちなみに「あるぷすのしょうじょはいじ」って入力したら「アルプスの少女は意地」って変換された(笑))

写真じゃなかなかスケール感とか伝わらないんだけど、手前の黒い影が人だからすごく大きいんですよ!

20151111081707332.jpg

ライトの色が変化して四季を表現。
(途中でヨーゼフが走るんだけど、「パトラッシュ!」って言ってるおばちゃんがいたらしい。ちゃうし(笑)!)

20151111083720160.jpg

冬~。

クリスマスシーズンは激混みらしいけど、一足早くイルミネーション堪能してきました
(もっちさんありがとう(もっちの餅まで(笑)))

この日も病気を通じて知り合った仲間(もっち&みやこ)とお出かけ。
みやこちゃん曰く「病気になる前より楽しく過ごしてる」んだって。きゃー。いいね(≧∀≦)!

病気が分かったばかりやケモ中の方、手術が終わったばかりの方もいらっしゃるかと思いますが、
また元気に遊びに行ける日がきますよ、ということで(^ω^)。

ではではまた~。
スポンサーサイト

- 13 Comments

オセロット  

初めてお邪魔します。

お初のコメントをさせていただきます。
春に手術をした乳がん一年生の52歳です(もうじき53)
当時(乳がん告知された頃)ショックで頭フラフラでしたが、
こちらのHPにたどり着き、どれだけ励まされたことか。
バンビさんの発する言葉が私の心をとらえました。
『希望と笑い』を貰えたこと、感謝しています!!

のちにバンビ組の本も読みましたが、バンビさんのユーモア感覚はホント最高ですネ^^

私もオフ会とかイベントに参加したいのですが、
関東なのでなかなかそちらまで行けません。

また時々コメントさせていただくと思うので、
どうぞよろしくお願い致します。

ちなみに今日は病院に行ってきましたが(薬処方)
タスオミンがなくなったとかで「バイエル」になりました(どこぞのウインナーの名前と似ている~笑)
成分はタスオミンと同じとの事で、ジェネリックも変化していくのですね。

2015/11/12 (Thu) 16:49 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

オセロットさん

はじめまして。コメントありがとうございます
(本のご購入もありがとうございます!)

乳がん一年生とのこと。今はホルモン療法中でしょうか?
(ウィンナー、確かに似てる!)
体調はいかがですか?
お薬変わったら副作用が出る方もいらっしゃるので体調に変化あったらどうぞ病院にご相談くださいね。

遠方とのことでなかなかお会いすることもできないかと思いますが
数多いブログの中から見つけていただいたのも何かのご縁ですね。
『希望と笑い』原価ゼロですのでいくらでも持って行ってください(笑)!
(これからも放出いたします!)

2015/11/13 (Fri) 10:43 | EDIT | REPLY |   

よしき  

以前コメント返信有難うございます。
11/20に全摘にて手術することになりました。
これから色々大変なこともあると思いますが、妻と協力してやっていきたいと思います。
またいろいろ相談させてください。

2015/11/18 (Wed) 21:00 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

よしきさん

こんにちは。
(少し返事遅くなりましてすみません。)

奥様の手術は無事終わりましたか?
痛みなどしばらく続くかも知れませんが、手術はよくなるための通過点。
通過点を頑張って超えられた奥様をどうぞ支えてくださいね。
(患者からしてみたら家族っていてくれるだけでも嬉しいものです。)

まだまだ治療は続くかと思いますが、私も心から治療が滞りなく進むことをお祈りいたします。

2015/11/21 (Sat) 16:17 | EDIT | REPLY |   

プリン  

はじめまして。39歳、男の子の母です。
6日前に乳がんと診断されました。怖くて怖くて、いろんな方のブログを読んで今日、バンビさんにたどり着きました。
勇気をもらえました。頑張ろうって思えました。
子どもが5歳で、この子が成人するまで生きられるのかなって不安で仕方なかったけど、負けずに頑張ろうと思います。
バンビさんありがとう。

2015/11/23 (Mon) 00:22 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

プリンさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

プリンさんは39歳なんですね。
私の乳がんが見つかった年とほぼ同じですね。
そして同じ男の子の母!

今はいろんな情報が気になって、深刻な情報に目が行きがちかと思いますが、治療を乗り越えた後、ほんとうに多くの人が元気にしてますよ。

小学3年生だったうちの長男もあっと言う間に中学生。
お互い子供の成長見守って行けるよう頑張りましょうね(^^)

2015/11/23 (Mon) 09:23 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/23 (Mon) 23:50 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

よしきさん

こんにちは。手術おわったんですね。
まずはお疲れ様でした。

腋窩リンパ節への転移。
ショックですよね。
私もショックでした。

治療の開始ですが、抗がん剤を使われるのでしたら、再建後すぐにというのは通常行わないように思います。
(私自身が同時再建経験者ではないので正確ではありませんが。)
抗がん剤は血管にもダメージを与えるので、壊死とかの可能性を考慮してかと。

でももし疑問に思われることがあったらぜひ主治医にご相談ください。
治療方針に正解はなく、実は私が今まで会ってきた患者さんたちも同じようなタイプの癌でも治療内容がそれぞれに異なっていたりします。
(リンパ節転移が十数個でも術前抗がん剤、術後抗がん剤と違うタイミングでの治療を行った方たちも知っていますがどちらの方もお元気ですよ)
ただ、大切なのは治療を受ける本人が納得できるかどうか。
繰り返しますが疑問に思われることがあったらぜひ主治医にご相談ください。
どうぞよしきさんの奥様にとって納得のいく治療方針にたどり着きますように。

2015/11/25 (Wed) 08:13 | EDIT | REPLY |   

りぼん  

はじめまして

bambi*さん はじめまして

数日まえに告知を受けました。
48歳1年生の娘がおります。

経過観察所見がいくつもあり半年ごとに受診しておりいつかこんな日がくるような予感もありましたが
今はただただ不安で悲しくて、夢であって欲しい・・とまだ現実を受け止めきれすにいる状態です。

とにかく情報収集を・・とネット検索するも
必ずしも経過のよい方のお話ばかりではなく
逆にこの病気の怖さをたたきつけられるようで
どんどん落ち込んで行く中こちらに辿り着きました。

夫は平日は泊まりの出張も多く、両親も高齢で遠方の為、頼れる身内もいません。
これからの手術や入院・・
抗がん剤中の家事や育児・・
学校行事や習い事の送迎・・
どうしたらよいのか、不安ばかりが頭の中をぐるぐる回り、何か具体的に行動しなくちゃと
自分自身を奮い立たすものの、気持ちがついていかず
・・
まだなにもしらない無邪気な娘の姿を見ると、涙ばかりです。

何を食べても胸がつかえるようで食欲もなく
心から笑うこともできません。

年内は手術にむけた検査(MRやCT)で
本格的な治療は年明けからになりそうですが
いつまでこんな気持ちでいるのだろうと思うと憂鬱です。

昨日は少し元気だったのに、今日はまた泣いてばかり・・と浮き沈みの日々です。
治療が始まれば、前向きになれる日がくるのでしょうか?

手術→抗がん剤治療→再発の不安・・と

この先が途方もなく長く感じられてしまいます。。


2015/11/25 (Wed) 12:56 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

よしきさん

たびたびすみません。

友人にも聞いてみましたがやはり手術後の抗がん剤治療は1か月以上あけるようです。

術後の傷を治すために白血球が頑張っている中、
白血球が減少する抗がん剤治療はよくないのでは?

と推測されていましたが、私も友人も何分素人ですので、正確な理由はお医者さんにお聴きくださいね。

それとこの友人、この記事で紹介した講演会を主催されている方です。
お住まいが分からないのでこれそのものに来られるかどうかは分かりませんが、
もしよろしければ患者さん同士交流できる場に(講演会や患者会などに)行ってみられてはどうでしょうか?
術後〇年とかで元気にされている方のお話とかも聞けますよ。
今はまだ落ち着かれないでしょうからご参考まで。

2015/11/26 (Thu) 08:11 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

りぼんさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

数日まえに告知を受けられたとのこと。
それはショックですよね。

ネットで情報検索して、よくない情報に目がいってしまう気持ちもよく分かりますよ。
(悪い場合のことも想定しておきたいという心理かもしれませんね)

治療中のことですが、我が家も夫が出張がちで私の両親は他界。
息子たちは2年生と3年生…と、今から考えたらどうやって乗り切ったんだろう?
とも思いますが、習い事の送迎はファミリーサポートに頼ったり、学校が長期休みのときは学童に行ってもらったりして何とか乗り切りました。
(おかげさまで上の子は今年無事中学生になりました!)

まだ1年生のお嬢さんがいて何かと大変かと思いますが、どうぞ使える行政サービスとかも活用してくださいね。

それと告知直後に泣けてくるのは全く問題ないと思います。
ましてや笑えなくても普通です!
どうぞそんなご自分を責めないでくださいね。

不安ももちろんあるかと思いますが、疑問点などは抱え込まず医療機関の方にもご相談ください。
わたしへのコメント、メールbambibook2013@gamil.comもいつでもどうぞ。
治療の無事進行、心からお祈りしています。

2015/11/26 (Thu) 08:41 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/02 (Wed) 18:27 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

りぼんさん

こんにちは。こちらこそお返事ありがとうございます。

精神的な浮き沈みが激しい・・・よく分かりますよ。
私も「こんな病気なんてへっちゃら!」と無理やり自分に言い聞かせつつ、
悲しい闘病記なんかに「私も・・・?」なんて沈んだり。

やさしいご主人のサポート、ありがたいですね。
たすけてくれる人の存在って助けられる側の人徳ですよね(^^)。

とはいえホルモン受容体ゼロ、動揺しますよね。
サブタイプの違う私からは体験談等お伝えできないのですが、
ホルモン受容体ゼロで治療後数年元気にされている方何人か知っていますがみなさん元気ですよ。
(そのうちの一人と今日学校行事一緒に行ってきます!)
そんな例もあるということで(^^)。
(またいつでもコメントくださいね)

2015/12/03 (Thu) 12:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。