ヴェルサイユへいらっしゃい!

2015年8月

フランスで慣れない電車を乗り継ぎ乗り継ぎ・・・

IMG_3326.jpg

やってきました、ヴェルサイユ!

IMG_3307.jpg


ちなみに少し離れた場所からの写真はこちら。

宮殿、というとなんとなく庭園に囲まれてるイメージでしたが、思いっきり道路に面しています。
(この裏に広大な庭園がある)

IMG_3323.jpg


門柱一つとっても超豪華。
さすがおフランスを代表する観光地。
なんでも年間600万人以上の来場者が訪れるのだとか。
「混雑を避けるために”ミュージアムパス”を日本で買って行こう!」なんて情報を入手して実行したのだけど
※ミュージアムパスとは美術館等の共通入場フリーパスで、日本からでもネットで事前購入が可能です。
http://www.parismuseumpass-japon.com/

IMG_3315.jpg


ミュージアムパス持ってても長蛇の列・・・。

この時期のフランスはどこに行っても混雑するので、「ここぞ!」というところには「朝イチ」で乗り込むことがおススメです。

待つこと1時間強。
そこはまさに・・・

IMG_3335.jpg

別世界!


写真は王室礼拝堂。ルイ16世とマリーアントワネットの婚礼もここで行われたんだって~。


IMG_3342.jpg

ヘラクレスの間。
天井画はルイ14世時代後期の最高傑作だそうです。

IMG_3349.jpg

ヴィーナスの間。
彫像のバック、色の違う大理石で文様を作ってます。
(最高級の大理石だそうです)

ちなみにこの像、「ローマ皇帝姿のルイ14世像」って。

うそやん!

IMG_3357.jpg

ルイ14世ってこんなんやん!美化しすぎ!!
(権力者って・・・)

IMG_3350.jpg


ちなみに宮殿内は風通しがあまり良くなく、しかも観光客いっぱいなのでかなり暑苦しかったです。
(人があまり写ってない写真選んで載せてるけど。)

IMG_3348.jpg

ヴィーナスの間の天井。

IMG_3356.jpg
王の寝室。


ルイ14世はここでお亡くなりになったそうです。
やっぱり霊視できなくてよかった。


IMG_0119.jpg


こちらは王妃の寝室。
かわいい~
って、歴代の王妃はこの部屋で王位継承者となる子を出産・・・まではいいとして、
なんと出産の様子は公開されたんだとか。

え????このベットの配置だと、見学者は・・・足の方・・・ですよね・・・?

ひいいいいいい、わたし王族無理

そして・・・ヴェルサイユと言えばここでしょう!!

IMG_0117.jpg

鏡の間!

当時最高級の贅沢だった鏡を357枚も装飾に使用。

IMG_0116.jpg

天井も超豪華。
派手・・・を通り越してド派手だったヴェルサイユ。

IMG_0114_20150903175928204.jpg

庭園は疲れ果てて断念。
(一日かけてゆっくり来ればよかった!)



ちなみに他の乳がんブロガーさんがヨーロッパに行ったあと旅行記を書いたら
「(闘病)頑張ってる人に失礼」とかなんとか非難が来たらしい。

その話を聞いた時はまだ旅行の計画中。
私もヨーロッパに行くの。
旅行記?もちろん書くわよ。
だって(たぶん)一生に一度のおフランス。
だけどもしかしたら私にも・・・?ドキドキ・・・。

でも、もしもそんなコメントが来たらこう言おうと思ってたの。

文句があるならヴェルサイユへいらっしゃい。と。

だけど特に反応なし(笑)。
いや~、一生に一度のキメ台詞のチャンスが!!
人気ブロガーさんと自分を一緒にしてはいけませんねえ( ̄▽ ̄)。

とまあ冗談はさておき、私には旅行記をアップしたブロガーさんの気持ちが分かります。
私は病気が分かった時、治療後何年かしても元気にしてる人からの、
「元気にしてるよ!」って、そんな情報を探してた。

そして今胸を張って言えるのは

「とりあえず私は元気です!!!!」ということ。

食欲モリモリ。
夜はぐーぐー。
再発防止のホルモン薬は飲んでるけど体調不良は一切なし。
仕事もやってりゃ子供会だってやってるよーん。

IMG_0076.jpg


で、晩ごはんはシャンゼリゼ通りのLeon。
http://4travel.jp/overseas/area/europe/france-ile_de_france/paris/restaurant/10161052/

モンサンミッシェルで食べたムール貝があまりにヘボかったので(笑)パパが連れて来てくれました
味はもちろんバッチグ―!

IMG_0077.jpg


フィッシュ&チップス。
(最低料理3つオーダーして、との店からの指定で量の少ない料理としてこれを選びました。)


IMG_0078.jpg


帰りはシャンゼリゼ通りを歩いてホテルまで。
(♪おお、シャンゼリ~ゼ~♪おお、シャンゼリ~ゼ~♪←正確には「おお」ではなく「aux」。方向や目的点等を示す前置詞 à と複数形の定冠詞 les が合わさった縮約形で感嘆詞ではないんだって。 )
子供まで一緒にこんなところまで来られてほんとうに幸せです。
♪おお、シャンゼリ~ゼ~♪(←酔ってる(笑))

で、あっという間に翌日は旅行最終日!
ルーブル、オルセー美術館、凱旋門、エッフェル塔とガツガツ観光してきました!
お楽しみに~。

***おまけ***

シャンゼリゼ通りのハーゲンダッツ。

IMG_0085.jpg

breakfastやってるんですね。

スポンサーサイト

10 Comments

ロサちゃん  

旅行記楽しみました!!

写真も豊富で読むのが楽しかったです(^-^)
元気になればなんだってできるって、Bambiさんはサバイバーのお手本です!!
あ、私はベルばら好きでベルサイユ宮殿行った時涙して、小学生の時にかってた雑種の犬にオスカルって名前つけてました(笑)

2015/09/04 (Fri) 19:36 | EDIT | REPLY |   

Haru  

はじめまして〜これから、乳がんの治療フルコースの予定です。
Banbiさんの、旅行記見て、私は元気づけられました。どうにも気持ちが保てなくて、どんよりしてましたが、治療終わったら〜何でもできるんだと〜〜これからも楽しみにしてます。

2015/09/05 (Sat) 05:18 | EDIT | REPLY |   

は~るは~る  

bambiさん、はじめまてコメントさせていただきます!

私は春に手術、抗がん剤、放射線を終えて今ホルモン治療をしています。小学生の子供がおり仕事も復帰してなかなかノンビリ~というわけにもいかずグッタリしていたところ、bambiさんのブログを知り元気をいただきました(#^.^#)

湯谷温泉も行く予定です!
お会いできれば嬉しいです(^-^)

2015/09/05 (Sat) 09:52 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/05 (Sat) 15:09 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

ロサちゃん

こんにちは~。コメントありがとう。
(あのロサちゃんかな?湯谷温泉、よろしければ物販よろしく!売ってくるよ~!)

ベルばらいいよね~。
飼ってた犬がオスカル!
オスカル様素敵だよね~。

ちなみにスペイン行ったときの運転手の名前もオスカルさん。
麗人・・・ではなく単なるおっさんでしたが(笑)。

2015/09/06 (Sun) 21:37 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

Haruさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

これから、フルコースで治療予定とのこと。
体調はいかがですか?

治療は大変ではありますが、過ぎてしまえばこうしてフツーに(いや、前にもましてガツガツ(笑)!?)過ごせてますよ。

私以外のお友達も子供の成長を見守ったり、働き始めたり。
Haruさんも、まずは治療!で、その後のお楽しみ、いっぱい妄想してくださいね(^^)。
治療がとどこおりなく進むよう、お祈りしています!

2015/09/06 (Sun) 21:43 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

は~るは~るさん

はじめままして。
コメントありがとうございます!

小学生のお子さんがいての治療、よくぞ耐え抜きました(パチパチ)!
子育てしながら働いてて、ってただでさえたいへんですが、そのうえ治療後体力回復するまで時間かかりますよね。

湯谷温泉ではどうぞくつろいで行ってくださいね。
今週末打ち合わせの予定なのでまた詳細アップしますね!

2015/09/06 (Sun) 21:50 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

鍵コメRさん

こんばんは。

コメント、とっても興味深く読ませていただきました。
(旅行カテゴリーはそんなにおいしいとは!)

同じく外国人と働く機会の多い夫に「フランス人と働くの大変なんだってー。」と言ったところ、夫からも出るわ出るわ○○人(←多国籍)の愚痴(笑)。
同じ言語の日本人同士ですら難しいコミュニケーション。
歴史も宗教上の道義感も文化的背景も異なる海外の方とのやりとりはさぞ大変だろうと思います。
でもこうして頑張ってくれてる人たちがいるからこそ「日本もグローバルに~」とか言ってられるんですよね。

「フランス人は10着しか服を持たない」
話はちょっとずれますが、こういう断定的なタイトルって人を惹きつけるんですよね。
「いや、全員じゃないし。」とか思って
「フランス人(※都市部在住の30代から50代の女性にて調査)のおおよそ75%はワンシーズンの洋服の所持数が10枚以下である」
なんてタイトルにしたら絶対売れない(笑)。
行きつけの美容院の本棚にあったから今度待ち時間に読ませてもらおうかな(^。^)
心のアンチエイジングの刺激になるかな? 

楽しい情報ありがとうございます~。

2015/09/06 (Sun) 22:48 | EDIT | REPLY |   

ロザリー  

旅行記!

はじめまして!
私も昨年7月に右乳房全摘→TC4クール→全ハゲ→ホルモン療法中の今年の8月に家族でおフランスへ行ってきました!
ポリニャック夫人に『文句があるなら、ベルサイユへいらっしゃい』と言われたロザリーのごとく、ベルサイユに乗り込みました(笑)
1日かけて、プチトリアノンや王妃の村里なども見てきたんですよ!
その日は22000歩ほど歩きました!
乳がんを宣告されて、術後わずか1年でこんなに元気に旅行ができるなんて、その時は考えられませんでした。
旅行記は、闘病中の人に失礼どころか、元気になれるんだという勇気を与えられるものだと思います。
まだまだ、ホルモン療法は続くし、私は、転移の不安もあるけれど、限られた命を楽しく生きたいと思うのです。
因みに、私も頭頂部が薄いです。
部分ウイッグで誤魔化してますが(´•̥ ω •̥` )

2015/10/04 (Sun) 01:53 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

ロザリーさん

はじめまして!コメントありがとうございます(^^)

右乳房全摘→TC4クール→全ハゲ→ホルモン療法中、がんばりましたね!
ロザリーさんもおフランスへ行かれましたか!
(そして部分ウィッグ仲間!)

ベルサイユ、プチトリアノンや王妃の村里…私は半日観光なので断念…行きたかったー(><)。
(22000歩、なりますよね、あの広さなら!)

> 乳がんを宣告されて、術後わずか1年でこんなに元気に旅行ができるなんて、その時は考えられませんでした。

よーくわかります。
私も病気が分かった時はこの先どんどん弱っていく自分しかイメージできなかった…。
それがすっかり元通り、いえ、病気前より何かが吹っ切れてより元気になった感じすらします(笑)。

まだまだホルモン薬は続くけど、せっかく治療をがんばったのだからお互い今をいっぱい楽しみましょうね(^▽^)!

2015/10/06 (Tue) 19:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment