スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年夏モンサンミッシェル親子旅行記

2015年8月7日。いよいよこの日はモンサンミッシェル観光~。

と、その前に腹ごしらえ。
(子供たちは前日晩御飯なしで爆睡。親も二人でカップラーメン1個。)

IMG_2861.jpg


モンサンミッシェルの見える素敵なレストランで朝食(ビュッフェ形式)。
ちなみに一人25ユーロ(約3,500円)。
で、25ユーロ払って出てくる朝食は・・・ここのテーブル↑と
これ↓

IMG_2859.jpg

以上!


ヨーロッパのホテルのビュッフェ形式の朝食はあまり充実していないことが多いそうなのですが、それにしても髙くね(-"-;) ?

気を取り直して観光へ。

o0481032013396400756.jpg

今日もとってもいい天気(何を隠そう、夫が晴れ男)

IMG_3125.jpg

島内は一つの街になっていて結構広いんですよ。
(一番高いところにある屋根がとんがった建物が修道院)

IMG_2911.jpg

まずは頂上目指して登ってきます~。
狭い路地裏のような通路から。

DSC_1110_20150831094015450.jpg

IMG_2933.jpg

大きな通りまで。

ちなみにこの島、増築に増築を重ねたようです。

IMG_2953.jpg
最初はこんな感じで(意外とシンプル!)

IMG_2951.jpg
次にこうなって(大きくなったね!)

IMG_2952.jpg
こうなって(うわ!すごい増えた!)

IMG_2954.jpg
こうなった、と。


今の姿だけ見ると、「どうやってこんなもの作ったの!」と皆目見当もつきませんが、
こうして順に見て行くと徐々に大きくなったんだな、というのがよく分かります。
(建築がはじめられたのが708年。その後11~13世紀に改築、増築が行われ現在の姿となったそうです)

IMG_2972.jpg

そして修道院へ。

IMG_2926.jpg
チケットを購入。
日本語ガイドも1つ借りました。

IMG_3000.jpg


修道院付属の教会。
有名な大聖堂のようなきらびやかさはありませんが、大きな重機もない時代に外部から石を運び、このような建造物を作ったという事実には感動を覚えます。

IMG_3035.jpg

増改築を繰り返し現在は3層構造になっています。

IMG_3038.jpg

ラ・メルヴェイユ(奇跡)と呼ばれる13世紀の回廊。
価値分かってないだろ、お前。

IMG_3053.jpg

食堂。
建物の重さを抑えるため天井は木製になっているそうです。

IMG_3056.jpg

迎賓の間。
巡礼に訪れた貴賓を迎える間だそうです。

IMG_3062.jpg

大車輪。
これを回して・・・

IMG_3063.jpg

壁のレールに沿った荷車を引き上げ物資を運搬していたようです。
(もちろん人力。6人がかり!)

IMG_3080.jpg
騎士の間(修道士たちの仕事部屋)
(作業に必要なよう、窓が広めに作られている)

IMG_3074.jpg

お化け屋敷のような通路も。

IMG_3078.jpg

修道僧の遊歩道・・・と呼ばれているけど何のための部屋だったか分かっていないそうです。

いや~、壮大ですね、モンサンミッシェル。


なお、モンサンミッシェルとは、モン=山、サンミッシェル=聖ミカエル の意で、直訳すれば「聖なるミカエルの山」みたいな感じです。

戦いを司どる大天使、聖ミカエルが、とある司教の夢に現れ、「かの岩山に聖堂を建てよ」と命じたのがこの島での建築のはじまりだとか。

ただし、司教さんは当初(2回)そのお告げを無視したため、怒った聖ミッシェルが三度目の降臨の際に司教の頭に爪を立てて、今でもその司教さんの頭蓋骨には爪の跡が残っているそうです。

o0481032013396507360.jpg
(犯行現場を捕えた決定的瞬間)

私はつねづね自分の気の短いのに辟易していたのですが、

「なんや、天使も気短いんやん」

とちょっとほっとしました(笑)。

なお、司教さんの頭蓋骨と伝えられているのがこちら。
(モンサンミッシェルとは違う場所に祀られています)

middle_1370965342.jpg


やりすぎ!・・・いや、死ぬでしょ (((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガク ブルブル。

と、勇壮な(?)歴史もあるモンサンミッシェルですが、この日は天気もよく穏やかな雰囲気。

IMG_3139_201508291548486cd.jpg

IMG_3094_20150829153119d66.jpg

見晴らしもいいですよ~。

IMG_3104.jpg

修道院から下山(?)してホテルやレストラン、お土産物屋さんの並ぶシャバへ。

IMG_3105.jpg

もらってもビミヨーなお土産も・・・。

お昼は カフェ・ラ・メールプラール。

IMG_3126.jpg


ふわふわオムレツで有名なラ・メールプラールの姉妹店。
前菜・メイン・デザートがついて15ユーロ程度と良心的な価格。
(ちなみにフツーのオランジーナとかが1本4ユーロ(≒600円)で売られてたりする)

IMG_3114.jpg

前菜は私はサラダ。

IMG_3113.jpg

息子はヌードルスープ。

omuretsu.jpg

メインとしてオムレツも選べます(サイズは本家より小さめ)。

IMG_3124.jpg

次男が選んだのはステーキ(というかポテト?)。


・・・味は・・・どれもビミョーでしたが・・・。
まあ、価格がリーズナブルと言うことで相殺。

なお、食事中、日本から1本の電話が。
出ると「盆踊りのメンバーに関する相談」。
まさかモンサンミッシェルで盆踊りの心配をするとは(笑)。

こんな感じでモンサンミッシェルを堪能!

IMG_3154.jpg

帰りは子供たちと橋を歩いて帰りました♪

16:05分レンヌ駅発のTGVでいざパリへ!


*** おまけ ***

IMG_0397.jpg

モンサンミッシェルで絵を買ってきました♪(5.9ユーロ)
18世紀後半のモンサンミッシェルの地図だそうです♪
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。