どうせだったら

さて、今日は本を出版することになったいきさつを。

病気が分かった時、もとから読書好きな私は乳がんに関係する本を何冊も読んだ。
お医者さんの書いた本や先輩患者さんの話。
どれも参考になったけど、実は「本って…どうやったら出せるんだろう?」なんてことも考えてた。
本が好きな人間としては、純粋に、素敵だなあ、うらやましいなあと思っていた。
でも自分とは違う世界の話、そう思っていた。

で、いざ治療をはじめてみると、本はいろいろ読んだけど疑問だらけ。
だって「自分と同じ病状で」「まったく同じ治療を受けた」人の話なんてないから。
だからブログを始めた。
後に続く、誰か一人にでも参考になればいいなと。

しかし意外なことにこんな私のブログを、違うステージ、グレード、サブタイプ、術式の人たちが読んでくれていた。そしてどういう訳かそういう人たちとリアルででも交流するようになり、「参考にしてました!」なんてありがたい言葉をいただくようになった。

そんな中、二人の方が「本を出したら?」と言ってくれた。
「bambi*さんのブログすごく参考になったから。」と。
このお二方とは中部bambi*組の友里さんと関西のPONちゃん。
まったく別々に、一人はメールで、一人は直接言ってくれた。

うれしい!!!!!!
少なくともこの二人は「本を出す価値がある」と思ってくれたと言うこと。

その気持ちに後押しされて私は動き出した(単細胞(笑))。
…と言っても何をどうしたら本って出せるのかさっぱり分からなかったからまずはamazonで本を購入。



で、この本のとおりに行動。
(企画書書く⇒自分が出したいジャンルの本を出している出版社にその企画書を送る)
すると!めでたく連絡があり現在に至る。

この経験から強く思ったことがある。

どうせだったら人の心を明るくする言葉を発したり行動したりしたい、ということ。

言葉って不思議なもので、何気ない一言で人の心を奮い立たせたり、逆にやる気をそいだりする。
私の今回の行動は先述のとおり友里さんとPONちゃんの発言があってこそ。
どうせなら私もそんな風に人によい影響を与えることを言いたいと思う。
耳触りのいいことだけを言うのとの境界は難しいけど。




なんてことを考えたのも、実は最近立て続けに人の訃報に接したからかもしれない。
私と同じ時期に癌になった男性二名(50代、60代)はもうずいぶん前に旅立った。
私の病気のことを誰かから聞いたらしく、心配してくれていた男性が6月に40代で亡くなっていたことを知ったのはつい先日のこと。私が闘病中は病気でもなんでもなく元気だったはずなのに。
今日はスポーツ中の事故で、朝笑顔で出かけた20代の娘さんをその日に亡くされた方の話を聞いた。


命って本当に儚い。
そんななか、私は何ができる…?
何か大きなことはできなくても、人の心を明るくしたり軽くしたり、そんなことならできるかもしれない!

そんな気持ちで、今、本を編集しています。
「乳がんかも」って言われて5日間泣き続けたけど今は元気にしてる人の話とか、
再建で全摘後の喪失感から立ち直った人の話とか。
明るい話ばっかりじゃなくてつらかった心境とかもあるんだけど、そういう話も、負の感情もあって当たり前だと知ってもらえたらと。

正直働きながらの作業はたいへんで、くじけそうになることもあるけど、なぜかそういうタイミングで「楽しみにしてます!」なんてコメントいただいたりしています。
うれしいな。
ここにも人の気持ちを前向きにしてくれる人たちが。
(コメントの返事遅くなってすみません全部読んでます)

編集作業も(たぶん)あと少し。
あともう少し頑張ります。




偉そうなこと書いてるけど、子供にイラッと来てあたったり、全然人格者じゃない、そんな私ですがよろしければ
応援↓いただけるとうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

ありがとうございます!


ちなみにアンケート、なぜだかPCからは投票できないこともあるようです。
スマホからなら大丈夫みたいです。すみません(>_<)。

現在募集中の投票















******相変わらず募集中******

「ちょっとやってみようかな」なんて方よろしくお願いいたしますm(_ _)m。
(bambi*も士業。お友達になって~。)

1)税理士さん(乳がん患者さんでなくても大丈夫です)
 ―書いていただきたいこと(1,000文字程度)―
・医療費控除等治療に役立つ税金の話

2)FPさん(乳がん患者さんでなくても大丈夫です)
 ―書いていただきたいこと(1,000文字程度)―
・治療に役立つ制度や保険、お金の話

3)社会保険労務士さん(乳がん患者さんでなくても大丈夫です)
 ―書いていただきたいこと(1,000文字程度)―
・癌と仕事。知っておきたいこんな知識。

4)再発乳がんの方
―書いていただきたいこと(500文字程度)―
・再発が分かった経緯
・その時の心境
・どのような治療を受けたか(なぜその治療を医師から勧められたか)
※こちらは過去一度でも当ブログにコメント等いただいた方にてお願いいたします。
※またできましたら再発後も生活を楽しまれている方にお願いいたします。

5)乳がん治療後に妊娠・出産された方
スポンサーサイト

8 Comments

はな  

がんばってくださいね
応援しています

はなも癌と告知されてからbambi*さんのブログ愛読者です
すごいすごい、オフ会がある
なんて感動しながら見ています

そしてまた書籍。
その努力とエネルギーが皆様に届きますように

お手伝いできそうなことありましたら
おっしゃってくださいね

2013/09/08 (Sun) 04:28 | EDIT | REPLY |   

アクリルブルー  

こんにちは。
私はメンタルが弱いので、治療中は精神科のお世話になりまして、現在も精神科に通っていますが、治療中に感じた絶望感はだいぶ薄れてきました。
一つ病気になると連鎖反応のようにあっちこっちが悪くなり、大変な2年間でしたが、今はかなり元気が戻ってきました。
出版、がんばってください。
私は出版なんて大変なことはとても考えられませんが、自分の闘病の総括として、がん専門誌の闘病記募集に応募しました。書くだけ書いたらすっきりしました。

2013/09/08 (Sun) 13:36 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/08 (Sun) 16:25 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

はなさん

応援コメントありがとうございます。
(ブログ拝読して姫様に応援しときました!
たいへんなところ応援メッセージありがとうございます)

みんなの体験が誰かの力になればとここまでやってきましたが、オフ会も書籍も本当に周囲の助けあってこそです。

あともう少しがんばります!

2013/09/09 (Mon) 19:11 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

アクリルブルーさん

元気戻られているとのこと、よかったです!

がんサポートの件、一歩踏み出すことができたんですね。
きっとだれかの力になれますよ!

2013/09/09 (Mon) 19:14 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

ひとこさん

こんにちは!

いろいろご提案ありがとうございます。
遅くなりましたが返答しますね。

1)ホルモン療法の件

もちろんがっつりページさいて、こんな副作用が出ました!(でも落ち着きました)
とかご紹介しますよ~。
現在bambi*組内にてアンケートとコメント収集しております!

2)ほかの病気…に関しては症状が千差万別なので難しいかもしれませんが、「副作用対策を怠ってこんな症状が出ました!(で、こう対処しました)」を掲載する予定です。(歯医者さんの件はこちらに入るかもしれません)

3)関節の痛み…少なくとも私は当初落としたものが拾えないぐらいの関節痛でしたが今はすっかりおさまってますよ!

ではまたなにかありましたらよろしくお願いいたします(*^_^*)

2013/09/11 (Wed) 07:36 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/13 (Fri) 10:58 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

ひとこさん

膝、よくなっているようでよかったです。
アンケートももうすぐホルモン療法の予定です。
ぜひご協力くださいませ。

2013/09/14 (Sat) 23:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment