スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコクのホテルと市内観光

さて、今日はバンコクの話を。
タイ王国の首都バンコクは人口約800万人。アジアでも屈指の大都会です。
今回の家族旅行で我々が泊まったのはMariott EXECUTIVE APARTMENTS。

このホテルは夫がタイに出張した時の定宿で、夫の勧めでこのホテルにしましたが、その理由は…

(1)広い!
ベッドルームが二つにリビング、バスルーム、キッチン等、ゆったり滞在できる間取りと設備。

bkkea_phototour18.jpg
(リビング)

mariotto2.jpg
(キッチン)

それとなんといってもここでうれしい設備は…

mariotto3.jpg

洗濯機!!
旅行って楽しいけど、帰った後の洗濯物、ほんと大変ですよね。
(ホテルにお金払ったらもちろん洗ってくれるけどお金が恐ろしくていつも持ち帰り
「このホテルは洗濯機もあるよ~。」との夫の言葉で即決。
なので早速…

mariotto4.jpg

生活感満点にしてやりました(笑)。

それと理由の二つ目は

2)安い!
5人で三泊して2万バーツ(約6万4千円)。
一泊一人当たり4千円ぐらい。
リゾートホテルではなくビジネスマンの長期滞在用ホテルなので華美なホテルではありませんが、それでも十分満足。

バンコクでは「タイ式マッサージ」にチャレンジ。

massage.jpg

ルアン・ヌアッド・マッサージ・スタジオ。
120分 600バーツ(2,000円ぐらい)。

なお私は手術で左わきのリンパ節切除してるので

「レフトハンド ノーマッサージプリーズ!」でお願いしました。
…ええ、英語ちっとも話せません(笑)。
(でも通じましたよ~)

バンコク市内で見かけたちょっとかわった光景。

bankoku4.jpg

「小象」寿司。

bankoku1.jpg

ミスタードーナッツ。

bankok2.jpg

お寿司型の「スシド」なるものを発見。
タイでもお寿司人気なんですね。

そんなこんなのバンコク滞在。
Mariott EXECUTIVE APARTMENTS:☆☆+0.5
(朝食バイキングはしょぼい)
タイマッサージ:☆☆
(特にマッサージとか好きではないけど「本場のタイ式マッサージ体験」ができたのがよかった)
市内ぶらぶら:☆☆+0.5
(高級店の近くに普通に物乞いの人とかいて、アジアの活気とまだ残る貧しさを感じることができました)

bankoku3.jpg
(バンコクの渋滞←いたるところ)

なお、アユタヤ観光の時にお世話になったタイ人の日本語ガイドさんはタイ北部から13歳でバンコクにやってきて、働きながら自力で日本語学校に通ったりして日本語を習得されたそうです。

すごい努力したんだろうなあ。

うちも夫の海外転勤の話ももちろんあるんだけど実は一番踏ん切りがつかないのが私
やっぱりいろいろ思うところがある訳で…。
海外で治療されてる方とかってほんとにすごいと思います。
でもこれからますますグローバル化する社会で子供のためには海外生活必要かな、とか考えたり…。

人生っていろんな選択肢があるなかで何か一つしか選択できないことが多くて、たまにこんな風に考えてしまったりします。
ま、でも決めたのは自分自身だし、今はこの選択での中で頑張ります。



取り留めもなく失礼しました。
不惑を過ぎても迷いっぱなし。
そんな私にぽちっと↓いただけますとうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

ありがとうございます
ちなみに旅行に行くときにテレビの録画予約をし忘れ、帰ってきたら半沢直樹が東京に戻っていました…痛恨の極みです…


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。