スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CYP2D6遺伝子検査を受けてみた

先日とあるものが我が家に届きました。

そのとあるものってこれ(じゃじゃーん

DSC_0396.jpg

妊娠検査薬?
ちゃいますがな。

CYP2D6遺伝子検査キット。

どういうものかというと(乳がんのホルモン療法で使用される)タモキシフェンの治療効果を遺伝子レベルで測定してくれるというものです。

タモキシフェンって実はそれ単独では効かなくて、肝臓で代謝されてはじめて効果を発揮するそうです。
で、その代謝にかかわっているのが今回調べる「CYP2D6遺伝子」。

img115_20130601083850.jpg

この「CYP2D6遺伝子」が
そもそもない→タモキシフェン効果なし!
変異がある→投与量の再考が必要
なのだそうです。

img116.jpg


なお、変異がある人の割合はというと、実は人種によって異なっているらしく、日本人の場合「欠損」までしている人の割合は低いものの、「低下」の割合は多いようです。

jinsyu.jpg
http://www.medibic.com/product/okusuri/cyp2d6/cyp2d6.htmlより

欠損にもいろいろ種類があるようで、日本人の中に一番多い「CYP2D6*5」の場合6.1%。
10%にも満たない割合で、今までなら「きっと私関係ないよね♪」と思っていただろうけど、乳がんも「16人に一人」、つまり6%程度のものにビンゴ!だった身としては決して楽観できる数値とも思えないのです。

なんて偉そうに言ったけど、実は今回これ受けるきっかけになったのって、ブログを通じて㈱メディビックさんからモニターの打診があったから(要するに無料だったから)。

検査はこんな感じ↓で、頬の内側をこするだけ。

kensa.jpg
(↑私じゃないよ(笑))

仕事の書類とかで「要返信」のもの、けっこう遅かったりする私だけど(おいおい)、
これは来て即開封即返信!(←仕事もこのペースでやれよ。)

結果は6月下旬までに、とのこと。
なお、本技術を用いた検査の必要性に関してはまだ議論中のようです(←日本人には欠損が少ないからとか)が、ご関心のある方は医療機関にご相談くださいませ。




今日もお読みいただきありがとうございます。
結果レポ待ってるで
と言う方、更新の励みになりますのでよろしければぽちっと
応援↓いただけますとうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

いつもありがとうございます
あ、今日まだ薬飲んでなかった


スポンサーサイト

- 5 Comments

こーたん  

初めまして、前月温存手術をし、火曜日からタキソテール4回+ハーセプチン1年の治療が始まりました。3日間発熱中で、今辛いです。それが終わったら放射線治療とホルモン療法です。凹んでいましたが、ブログ読ませてもらい少し元気になりました。
これからもよろしくお願いします。

2013/06/03 (Mon) 07:37 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

こーたんさん

初めまして。

タキソテールの発熱おさまりましたか?
治療始まったばかりの時は永遠に続くかのように思われるかもしれませんがいつかは終わります。
今はつらいでしょうが陰ながら応援してます。

また遊びに来てくださいね。

2013/06/04 (Tue) 08:39 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

めりぃさん

こんにちは。
めりぃさんはこの検査受けられたんですね。

一つは低下、とのことでちょっとどきっ、ですが
ノルバの効き目があることが分かってその点では安心して治療受けられますね。

情報ありがとうございます。

2013/06/04 (Tue) 08:43 | EDIT | REPLY |   

orange  

こんにちは。

今回はなんと、タイムリーな話題で・・。
私もおかげさまでTCx4回が終わったので、タモキシフェンの処方箋を始めようというときに、『ところで、CYP2D6というテストがあるって読んだんですけど(もちろん以前のbambiさんのブログが情報元!)・・』と言ったら、『あ、それ、普通はしないけど、話が出たから血液検査の指示書を出しましょう。』と気軽に指示書を出してくれました。・・・ので、何の疑いもなく血液検査し、結果は陽性だったので薬のみ始ました。

で、つい最近・・ふと健康保険の明細を見ていたら・・これって保険対象外だったらしく、血液検査費用全額(US$450)、本人負担と書いてある・・。それでなくても休職中で収入ほとんど無いのに・・。

BRAC1 & 2の検査でさえ保険が$3000カバーしてくれて自己負担は$300程度だったというのに!保険が全く負担しないってのは、アメリカではこのテストの必要性がまだ確立されていないからだと思いました。

でも、こういう検査があると知っていながら、$400かかるから検査しないでもいいや、と思えたかどうか・・?と思うと、自己負担でもきっとやっていただろうから、と気を持ち直しました。
でも、次回のアポイントの時にはドクターに陽性か陰性かだけではなくて、*3とかっていうのも確かめて来たいと思います。$400も掛かったんだから!といやみを言って(といっても血液検査は検査専門のところへ行ってやるので、私の医者は一銭も得してないんだけど・・。)

2013/06/04 (Tue) 09:34 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

Orangeさん

OrangeさんもCYP2D6検査受けられたんですね~。
陽性、ということは安心して薬が使えますね。
って、でも保険適用外ですか!?
US$450 …日本とほぼ同額ですね。
確かに高い~。
ただでさえ治療費かかってるのに。
それはじゃんじゃんドクターに質問するべきですよ。
(「もととらな!」って感じ?)

BRAC1 & 2の検査、私は受けていないのですが、アメリカでは一般的なのでしょうか?
(デーブスペクターが自分のいとこも~とか言ってました)
自己負担300$なら私も受けたい!

2013/06/09 (Sun) 17:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。