抗がん剤に勝手なあだ名をつけてみた。

点滴投与中は余裕で夫ともメールをしていた(←化学療法室は携帯OK)。

私(ファルモルビシンの写真を写メして)「始まったよ~」

夫「やっと効きそうな薬が始まった感じ。…(しばらくして)…どうですか?」

私「全然平気(´▽`*)」

夫「効きが甘いなあ。先生にもっと濃いのにしてもらったら(-ε-*)?」

私「なに~?お前もやってみいやヾ(*`Д´*)ノ!」

夫「はげになるぞ!」

私「ついでにすね毛の脱毛になってちょうどええわ!(←オット、すね毛濃い)」


…我ながらなんとも心温まる夫婦の会話である(おいおい)。

お分かりの方も多いだろうが私は口が悪い。

有吉の「失礼なあだ名」シリーズも真似してみたいが一般人なので日常生活に取り入れることは差し控えている(←当たり前である)。

そこでどんな失礼な名前で呼ばれようとも怒ってこない「静物」にあだ名をつけてみることにした。

今回私が行ったFEC療法とは、三種類の抗がん剤5-FU(F)、ファルモルビシン(E)、エンドキサン(C)を組み合わせて投与する治療法のこと。

このうち、ファルモルビシンは非常に毒々しい色をしている。

例えるなら「かき氷のいちごシロップ」を「すごくまずそう」にした感じ。

2011081910410000.jpg


ファルモルビシン…なんとも言いにくい名前である。

そこで命名「毒いちご」。

いかがであろうか?

罰が当って次回副作用が強くならないことを祈るばかりである。



夫のすね毛が濃いことまでさらけ出したワタクシに
ぽちっと応援↓いただけますととてもうれしいです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

いつもありがとうございますm(_ _)m。
ちなみにブログはオットも読んでます(笑)。
スポンサーサイト

2 Comments

じゅん8008(apine)  

わかるよ。
毒イチゴね。
毒リンゴならぬ苺ね
私も一度目で降参、
2回目からは薄くしてもらいました
今思うと4回もよくやったな~。
済んでしまえばそんなものです
頑張ってくださいね

2011/08/26 (Fri) 11:59 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

Re: タイトルなし

じゅん8008(apine) さん

薄くしてもらえるんですか!
いいこと聞きました。
今のとこ大丈夫かとは思いますが今後副作用が強くなった時は検討します!

2011/08/27 (Sat) 14:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment