スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気を受け止めるまで

昨日は大阪まで講演を聞きに行った。

そこで心に残った話が。

人は大きなショックを受けたとき、4段階の心理的な経過を経るのだとか。

まずは混乱の段階。

ついで怒りの段階(「なんで自分だけこんな目に!」と思ってしまうような心理)。

その次は承認の段階。
ここにきてやっと現実を受け止め、

最後に適応の段階。
ここまで来てやっと事態を自分なりに対処していけるのだとか。

病気に関する講演ではないのだけど、これは病気が分かった時の人にも当てはまる心理だな、と思いながら聞いていた。

プラス思考がもてはやされ、「マイナスの言葉を口にしたら悪い運気を引き寄せる!」なんていう考えもあるけど、自分の中の悲しみや怒りの感情を悪いことだと封印してしまうのは危険な場合があるとも。

社会的な立場などの問題から、なにか大きな問題が起こっても自分の感情を封鎖し、先に述べたような混乱や怒りの時間を持てなかった場合、むしろ回復までに時間がかかることがあるのだとか。


病気が分かって、泣いて過ごすだとか、何かに腹がたってたって仕方がない。
そしてそんな感情を持つ自分が嫌になる…。
そんなコメントをいただくこともあるけど、
でももしそういう感情を持ったとしてもそれは必要な時間、自分の心にとっての薬かもしれない。


講演を聞きながらそんなことを考えていた。


ただーーし、世の中きれいごとだけではわたっていけないのではっきり言うと、いつまでも立ち直れなくて人が離れていくのは自己責任。周囲に付き合う義理はない。

誰にまで、いつまで甘えていいか、その線引きは難しいけど、最低限一人で泣く分には誰にも迷惑はかからない。

涙は時には立ち直るための薬。
泣きたいときには泣いてもいい。

私はそう思う。




今日もお越しいただきありがとうございます。
病気発覚からもうすぐ2年。今年も長男の誕生日を一緒にお祝いできました♪
よろしければ↓ぽちっとおめでとーいただけますとうれしいです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

ありがとうございます


DSC_0324.jpg

大阪でもらったパン。ありがと~♪
スポンサーサイト

- 17 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/04/22 (Mon) 12:26 | EDIT | REPLY |   

ヤブガラシ  

映画「阪急電車」のセリフに、
「泣くのはいい、でも自分の意思で涙をとめられる女になりなさい」
というのがありましたね(小説でもあるのかしら?)。

重篤な病気になった知人が全く泣かないのを見て、主治医が危険と判断し、友人を呼び寄せたそうです。
そこで初めて大泣きできて、すっきりしたとか。
その知人が、私が乳がんになったのを知って、
「ヤブガラシちゃん、私はいつでも待機してるから。泣きたいときはとんで会いに行くから連絡して」
と言ってくれて、逆に絶対泣くまいと思いました(苦笑)
私よりずっと深刻な病状の人を呼びつけて甘えるなんて(ヒイイーッ!!)
でも、その言葉を思い出すと、力が湧いて元気になります。
自分をかわいそうがって泣くのはやめよう、でも薬の副作用で泣いてしまうときと、人のために涙が出てしまうのは仕方ない、と自分でルールを決めました。

でも、考えてみたら、お仕事されてご家族を支えて、泣くヒマもない人、一人で泣く場所もない人って多いのかもしれませんね。
bambiさんの書かれたとおり、前向きとか笑顔とかばかりでなく、ときには怒りや悲しみも解き放ちつつ、皆さん少しでもすっきりと闘病ライフを送ってほしいです。

2013/04/22 (Mon) 12:31 | EDIT | REPLY |   

ひかり  

こんにちは

大阪での講演内容、ほんとに私の転移がみつかったときの感情にあてはまります。
やはり自分の気持ちを素直に受け止めることが大事ですよね。
無理をしすぎると気持ちがゆがんで心の病気になってしまいそうなので…。
なるべく楽しいことを考えて、でも泣きたいときは泣いて~私もそれが良いと思います。

大阪の手作りパン、おいしそうですね~(^・^)

2013/04/22 (Mon) 14:40 | EDIT | REPLY |   

ゆり  

こんばんは。

>人は大きなショックを受けたとき、4段階の心理的な経過を経るのだとか。

そうらしいですね。
知っていたはずなのに、自分の事にあてはめて考えてはいなかったようです。

そして今考えてみると、順番がちがってやってきた?と。
それともまだちゃんと4段階過ぎてないのか?(遅い)とも。

自分の事は案外よくわかってなかったりしますよね。
逃避している場合もあるかも・・しれませんし。

いろいろ考えるきっかけとなりました、
いつもありがとうございます。





2013/04/22 (Mon) 23:07 | EDIT | REPLY |   

かめ  

良い話をありがとうございます

bambi*さんこんにちは
いつも良い話をありがとうございます。

自分にあてはめてみました。
告知自体は大きなショックもなく、検査のためや入院、その後の療養で休まなければいけない期間のことでバタバタしていて、ショック~という感じではなかったんですよね。
子供のいない、夫婦二人の生活というのもあったかもしれません。
仕事の整理をしながら、手術直前の日曜日に2週続けてゴルフのラウンドに行って、しばらくゴルフ場ともお別れか、なんて考えてました。

今までのところ、一番のショックは術後の病理の結果を聞いた時でしょうか。
全摘だし、リンパに転移もなさそうだから術後の放射線もしなくて良いし、すぐ職場復帰!なんて呑気に考えていたら、想像よりも悪い病理結果でしたから。
告知後初めて泣きました。(夫は私の入院中に泣いたらしいので、夫のが先に泣いたようです。。。)

で、今では半年間の抗がん剤と放射線25回、その後5年間のホルモン療法というのを受け入れています。
でも放射線は避けて通れないものかといまだにウジウジ考えているので、完全に受け入れていないのかな。。。

大阪のsちゃんパンおいしそうですね。
bambi*さんもいろいろ作れるから通販とかやっちゃえば??と思う不器用な私です。

2013/04/23 (Tue) 10:24 | EDIT | REPLY |   

りんご  

おめでとうございます☆

もうすぐ2年,おめでとうございます(o^∀^o)!!
息子さんのお誕生日もおめでとうございました☆
乳がんになった方で80歳以上とか長生きされた方っているのかなぁ~とか考えてしまいますが薬や治療法,何十年も前とは変わってますもんね!長生きしてこれからたくさんの誕生日を迎えましょうo(`▽´)o
心の薬,私も必要でした(>_<)あろうことか職場でたくさん泣かせてもらいました(ToT)迷惑たくさんかけちゃいました。
でも私には大切な時間でした。今でも職場の人たちはメールなどで支えてくれています☆
ひとりでは立っていることすら出来ないくらいのフラフラな気持ちの時に比べたら私は今たくさん笑えています(●´∇`)ノ☆
明日は延期になった抗がん剤の日(>_<)どうか血液検査クリアできますように!!!

2013/04/23 (Tue) 11:55 | EDIT | REPLY |   

てまりん  

bambiさんこんにちは! 

笑うことは免疫力アップになるといわれているけれど、吐き出すことも同じくらい大事かもしれません。

大人になると泣くことをガマンしがちですよね。

あたしは告知された日の夜にたまたま友人と飲む約束をしていて、帰り道(お酒も入っていたから)、大きな交差点の真ん中・・・だと迷惑だし危ないので渡りきったところで(笑)、大泣きしました。ほんとに赤子のように、通行人がびっくりするくらいの大声で「もうだめかもしれない」とかいろいろ言いながら泣きました。

友人は突然の病気宣告に驚いたと思いますが、ただ「ダイジョブだから」と言い続けていましたっけ。

第1・第2段階が派手だったので、その後の2段階はほんとに冷静になって。。。

あれからまもなく2年になりますが、その交差点を通るたびに思い出しちゃいますね。

人間というのはたいてい、自然とおさまりどころを作っていくものなんだなと思います。

いろいろ考えることが多い記事でコメントさせていただきました!

2013/04/23 (Tue) 12:45 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/04/23 (Tue) 23:51 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

ヤブガラシさん

こんにちは。ヤブガラシさんは 「阪急電車」の映画みられたんですね~。

> 「泣くのはいい、でも自分の意思で涙をとめられる女になりなさい」

このセリフは原作ではなかったのですが(←「あったわっ!」と誰かからツッコミが来るかも…(汗))、いい言葉ですね。
世間でいうところのみっともない行動を「いいじゃない」と容認するおばあちゃんが素敵でした。

> 重篤な病気になった知人が全く泣かないのを見て、主治医が危険と判断し、友人を呼び寄せたそうです。
> そこで初めて大泣きできて、すっきりしたとか。

いいお医者さんですね。
ご友人の方、病気になってしまったのは歓迎すべきことではないけど、こんな主治医さんに出会えて本当によかったですね。

> 私よりずっと深刻な病状の人を呼びつけて甘えるなんて
> でも、その言葉を思い出すと、力が湧いて元気になります。

いいお友達ですね。
「あんたなんか私に比べたらたいしたことない!」って説教することもできるのに。
思い切って胸を借りたら、相手も「頼りにされてる」ってうれしくなるかも?

お互いときには怒りや悲しみも解き放ちつつ(←私の場合しょっちゅう!?)、少しでもすっきりと闘病ライフを送りましょう(* ̄∇ ̄*)!

2013/04/24 (Wed) 08:01 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

ひかりさん

おはようございます。
手作りパン、おいしかったですよ~。

講演の内容は、あらためて自分の感情の推移を知ることができたように感じました。
驚いたり怒ったりした時間も必要なものだったのだと。

> 大阪での講演内容、ほんとに私の転移がみつかったときの感情にあてはまります。
> やはり自分の気持ちを素直に受け止めることが大事ですよね。
> 無理をしすぎると気持ちがゆがんで心の病気になってしまいそうなので…。
> なるべく楽しいことを考えて、でも泣きたいときは泣いて~私もそれが良いと思います。

ひかりさんはとても落ち着いた方だと思っていたのですが、やはり感情の波があったのですね。
泣きたいときは泣いて、でも楽しめるときは楽しく!でバランスとってやってきましょう!

2013/04/24 (Wed) 09:03 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

ゆりさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

ゆりさんはこの4段階の心理ご存知だったんですね。
私はこれを教えてもらうまで、混乱したり怒ったりって、自分だけ、とか甘えとか思ってたんですが、ごく健全な心の流れのようでなんだか楽になりました。

けっこうイライラしてた過去を思い出してはこっ恥ずかしい気にもなるのですが、あれはあれで必要だったのだな、と。

自分のことはよく分からないけど、時には人の言うことに耳を傾けると、自分の内面に気づきますね。

こちらこそお読みいただいてありがとうございました。

2013/04/25 (Thu) 08:55 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

かめさん

おはようございます。
こちらこそお読みいただきありがとうございます。

病理結果で泣いてしまいましたか。
オフ会で本当にたくさんの人にお会いして、すごく元気な人も、「告知のとき泣いた。家族にあたった。」という話を聞いて意外に思ったりしたのですが、今にして思えば、そんな時を過ごしたからこそ今元気にしていられるのでしょうね。
かめさん自身も泣いてしまったことに驚いたかもしれませんが、それは事実を受け止めるのに必要なステップだったのでしょうね。

> で、今では半年間の抗がん剤と放射線25回、その後5年間のホルモン療法というのを受け入れています。
> でも放射線は避けて通れないものかといまだにウジウジ考えているので、完全に受け入れていないのかな。。。

「避けて通れる面倒ならば避けたい」は人間だれしも持つ自己防衛本能かと思います(笑)。
「めんどくせ~!」「やってられーん!」はじゃんじゃん吐き出しましょう!

> 大阪のsちゃんパンおいしそうですね。
> bambi*さんもいろいろ作れるから通販とかやっちゃえば??と思う不器用な私です。

元気になる提案ありがとうございます!
乳がん患者さん集めたモニター会社とか妄想中です☆

2013/04/25 (Thu) 09:05 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

りんごさん

> もうすぐ2年,おめでとうございます(o^∀^o)!!
> 息子さんのお誕生日もおめでとうございました☆

ありがとー(≧▽≦)!!

抗がん剤、無事うてましたか?

私は「医学は進歩することこそあれ退化はしない」という言葉を信じて、この先の不安を解消してます!

りんごさん、泣いちゃって迷惑を。。。なんておっしゃってますが、おばちゃん目線で見ると、職場の方からしたら「頼りにされてる」って気持ちだと思いますよ。皆さんからの薬、しかと受け止めて頑張ってください!

2013/04/25 (Thu) 09:11 | EDIT | REPLY |   

りんご  

無事に打てました!

抗がん剤は無事に打てました!
吐き気どめを前回の入院のときには貰わなかったのでただ我慢してましたが今回は今で2度,活用しました(>_<)
こんなに吐き気どめのんでもいいものなのか(ノ△T)でも夜になると吐き気がきて眠れず,今日も我慢したのですが今飲んでしまいました(≧ヘ≦)
眠れるといいな(ToT)
前回のとおりにいけば明日か明後日まではまだしばらく怠さが続きそうです。

2013/04/26 (Fri) 01:13 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

てまりんさん

こんにちは!

ボランティアに趣味にと元気に活躍されているてまりんさんにもそんな時間があったんですね。

大きな交差点で号泣。
まるでドラマのよう。。。
私も通りすがりだったら「なんかよう分からんけどがんばれ!」と心の中でエール送ると思います。
きっとその大泣きした時間に、そのお友達はじめ、多くの方がエール送ったと思いますよ。

見事、前向きになってすばらしい(^0^)/。

GW始まりましたね。
天気もいいようだし、楽しいことやってすごしましょうね。
(ただし、お酒はほどほどに(笑))

2013/04/27 (Sat) 07:57 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

ananさん

お久しぶり~。
お祝いコメントありがとうございます(*^_^*)。

ananさんも4月生まれなんですね。
おめでとう~♪♪♪
(誕生石はダイヤねっ☆☆)

> 最初何がなんだかわからず、私はどうなるのぉ!と混乱して、病院で説明を聞くたびに涙がでて。
> 「なんで自分だけこんな目に?」すっごくおもいました。旦那に悪態もついたりもして。

あら!関西bambi*組癒し系代表、ananさんにもそんな時が。。。
ちなみに私は世の中全体に対して怒ってました。迷惑な話です(苦笑)。

> 手術前は、看護師さんに「落ち着いてるね~」と言われました。どんだけで受け入れてるねん!て感じですが・・(笑)

私もケモ室ではいい子ちゃんでした。
家では暴れん坊ですが(←今も(笑))。

私はホルモン療法の副作用でえらい目にあったので、
今こうして服用しながらも元気に(?)過ごせていることがほんとにありがたいです。

「普通に、でも欲張りに過ごして行こう」いいですね。
GWは遠出はしませんが、オフ会はじけてきます!
ananさんもしっかり貯金して(笑)、ぜひいつか乗り込んでくださいませ☆

2013/04/27 (Sat) 08:08 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

りんごさん

抗がん剤、今回はは無事にうてたんですね~。

吐き気どめは〇時間おき、とか書いていませんか?
私が処方してもらった薬にはそのように書かれてたので、それ見ながら服用してましたよ。

吐き気おさまって眠れますように☆

2013/04/27 (Sat) 21:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。