読書録[ゆりちかへ]

先日のスペシャルドラマで放映されていた「ゆりちかへ」。

妊娠中にがんが見つかった筆者が闘病を続けながら幼いわが子に残したメッセージをドラマ化したものですが、ご覧になられた方も多いのではないでしょうか?

ドラマの中で引用されていた文章が素敵で本を借りて読んでみました。

41He38flcbL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

「ゆりあもきっとなやむときがくるんだろうな。
 ママが助けてあげたいよ!」

治ることに望みを託しながらも厳しい現実を前に、そんな心情をいだいた筆者、テレニン晃子さんが幼い娘さんに語りかけるのは、

友人づきあいのような対人関係のことからお掃除のような日常のこと、勉強のこと、性のこと。

子供が成長するうえで遭遇するであろうさまざまな場面について、分かりやすい、真摯な文章で筆者の思いがしたためられています。

本を読んであらためて思ったのは、自分ははたして晃子さんほど子供の抱える問題に向き合っているのか?ということ。

「どうして勉強してほしいのか」

なんて聞かれたら逃げちゃうかもしれない。

せっかく子供と一緒に生きていられるのに。

この本は晃子さんの「親としての思い」が詰まった本で、子供からいろいろな疑問を投げかけられた時に「なんて言ったらいいか分からない」と思ってしまうことが、とても分かりやすい表現で整理されています。

つらいだけの闘病記ではなく、とてもいい本です。

私の好きな一節。

「世の中には「時間」っていう何にでも働くすんごい物があって、それはゆっくりなんだけど確実にいろんなものを解決してくれるから、時には「時間」にゆだねなさい。」

大人も気づかされることの多い本です。
ご関心を持たれた方はぜひ読んでみられてはいかがでしょうか?


最後になりましたが筆者のご冥福と残されたご家族のお幸せを心からお祈りいたします。





今日もお読みいただきありがとうございます。
よろしければとぽちっ↓といただけますととてもうれしいです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

いつもありがとうございます。

スポンサーサイト

7 Comments

もずく  

ドラマみました!

私もドラマをみて、涙の中にもさわやかな気持ちになりました。

子供を温かく包み、見守り、支え、自立した大人にゆりあさんがなるように、本には、晃子さんの子育ての全てが載っているんでしょうね。(ドラマからの予想と私の感想です)

私も本読んでみますね~(*^^*)

2013/02/12 (Tue) 23:24 | EDIT | REPLY |   

なったん  

こんにちはv-238v-238v-238なったんも ドラマ 見ました。

ツライ事も何だか前向きに変えれる強さを持っている様に思えました。

なったんも自分の弱さを強さに変える事の出来る人になりたいッテ思ってマス。

とりあえず、まっちゃんの本を読んでから、読んでみようかな???もうすぐ、入院生活が始まるからv-22

今日、18回の抗がん剤終わりましたぁ~v-238v-238v-238

2013/02/13 (Wed) 20:39 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

なったんさん

こんにちは~。まずは抗がん剤終了おめでとうございますi-199

ほんとによくがんばりましたね。

〉自分の弱さを強さに変える事の出来る人

もう十分なってますよi-236

入院中、麻酔さえ抜けてしまえばけっこう自由です。
読みたい本とかたくさん持って行ってくださいねi-179

2013/02/14 (Thu) 07:48 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

もずくさん

こんにちは、コメントありがとうございます。

病気になるとつい悲観的になったり、自分中心になったりしてしまいがちですが、家族にも、自分自身の運命にも向き合った筆者の生き方にはとても考えさせられました。

ぜひご一読くださいねi-179

2013/02/14 (Thu) 07:53 | EDIT | REPLY |   

りんご  

はじめまして

はじめまして。りんごと申します。
私はつい昨日乳癌という宣告を受けて泣いて泣いて焦ってサイトを色々見ているとここを見つけました。
乳癌発見までの経緯を少し拝見しました。
私は来週針生検です。ただ腫瘍がかなり大きくて取るなら全摘と言われました。
まだ20代前半です。
昨日は泣きっぱなしで今日は職場で急に泣いてしまったりともうパニックです。
マンモとエコーで調べてお医者さんはほぼ乳癌確定だとおっしゃいました。脇の下のリンパに癒着もあるかもと細い針で細胞をとられたのがつい昨日のことです。
これからが不安で不安でなりません。
骨や他の臓器に転移していたら、とか再発したら、とか死んでしまうんじゃないかとか、昨日から頭がぐちゃぐちゃです。

すいません。はじめましての私がこんなにずらずらと書き込みしてしまって。
ただこのサイトを見て私も闘わなくちゃと思えました。
少しですが前向きに考えないとと思えました、
blog楽しみにしてます。

2013/02/14 (Thu) 20:41 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

りんごさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

おつらい状況ですね。
涙が出て当然だと思います。
いきなり普通の人からがん患者になっちゃったらパニック起こすよね。
今は明るい闘病仲間も、みんな告知前後は落ち着かない時間を過ごしました。
かくいう私もそうです。
泣けるときは思いっきり泣いちゃってくださいね。

全摘、は思いがけないことでショックかもしれませんが、今は再建の技術が高まったので全摘がむしろ増えているそうですよ。摘出手術と再建を同時にやる同時再建という手術もあるので主治医によくご相談なさってくださいね。

何もできませんがりんごさんのこと応援させてくださいね!

2013/02/15 (Fri) 08:53 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/02/17 (Sun) 17:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment