乳がんになって悲しかった言葉・対応

bambi組の方20名ほどにおうかがいした、乳がんになって心に残った(ひっかかった)言葉、対応。

今回は「乳がんになって悲しかった言葉・対応」です。
(「」に関しては独断で分類しております)

 「根拠のない激励」 
◆術後一年経ってないのに、「もう大丈夫!治ったから」って言われたこと。

 「家族を悲しませてしまった」 
◆悲しかったことは 娘が 「ママが死んだら私も死ぬ」 って 泣いた時。

 「脱毛に関して」 
◆手術直後・入院中にママ友(←私の病気を知っている)がアポ無しでお見舞いに来た。いきなりカーテン開けるから、無防備な私のハゲ頭をもろ見られたそこでの一言。『私、もとICUにいた看護婦だから、ハゲた頭見てもなんとも思わないからーーーー』って、おいおいおいおい、アンタが気にしなくても、こっちは気にするっちゅうねーーーーん!

◆脱毛してると知ってるのにツケマをジロジロ見られたこと。

◆頭を丸めたとき旦那が「写真に撮っておくか?」と冗談で言ってきたときは悲しくて泣いてしまいました。

 「なにもしてくれないのに説教だけ」 
◆抗がん剤中に誰もやってくれない野球のイベントの準備や運営をやって、クタクタになって、すべてが終わった時に、何もしてくれなかった人、それも看護婦に「自分の体の事考えや!」って言われたこと。

 「親切で言っているつもりだろうけど…」 
◆抗がん剤中に凹んでいるとき、仕事もせずに家で一人で、周りから取り残されてる気分になり、友人にポロっとその事を伝えると、 「治療費も気にせず家におれる環境は幸せと思ってゆっくりし〜!」・・・。 これは結構きつかった。

◆職場でカウンセリングを勧められ、心の病気にされそうなのがイヤだったのか断り続けた。声をかけてくれるのはありがたかったんだけれど、しょっちゅうだったので、だんだん鬱陶しくなりました。

◆『神様はその人が耐えられる苦行しか与えないんだよ。だから大丈夫』と言われたこと。わけわからんわ私には乳がんに耐えられる器?(そんなのある人いねぇよ)なんて無いわーーーー!

◆入院中に病理結果の内容に落ち込んでいた私に看護師さんが励ましのつもりで言ったことば。「あなただけじゃないのよ、そんなに落ち込んでたら良くなる物もよくならない、がんばらなきゃ!」その時は私の器があまりにも小さくて受け止められませんでした。余計に泣けた。

 「知らないところで病気の話をされていた」 
◆言葉ではそんなに傷付かないけど話してない人から「病気大変やね」と何人にも言われて誰がどれだけ話してるんだろうかと思うとぞっとしたことはありました。

 「気遣いが感じられなかった」 
◆私は主人と自分の兄弟姉妹と両親たちにしか話してないので、いろんな方から言われたりすることがないんです。主人の姉たちは、私に対して「体調はどう?」とかそういう言葉をかけてくれたことは一度もないです。そういう態度がイヤだなと思います(夫の親と同居)。

◆がんであることを告げて深刻に受け止められたり相手に暗くなられる事が嫌で、カミングアウトをするときはことさら明るくさらっと言っていたのだけれど、
そのせいか軽く受け止められすぎて反応が薄くすぐに違う話題に移ったりしたときは少し寂しい気がしました。
ちょっと矛盾してますよね?^^;

 「そんなん知らんがな」 
◆「お酒もタバコも賭け事もしないのに、なんで病気になっちゃったのかね」って言われた事



いかがでしょうか?
同じ乳がん患者とはいえ、悲しくなるシチュエーションはほんとうに人それぞれです。
誤解を恐れずに言えば、正直、「私なら気にならないなあ。」と思うところもあり、うれしかった言葉同様、「絶対にこのキーワードはNG!」と言えるものはないと思います。

ただ、「うれしかったこと」も「悲しかったこと」も人それぞれとはいえ、共通して言えるのは「その時のその人(患者)の気持ちが受け止められたかどうか」が大切なのではないかと思います。

例えば、泣きたい気持ちの時に激励されると人は混乱します。逆に明るく病気に向き合いたいときに重い反応が返ってきても混乱します。
「なにもしてくれないのにお説教だけしてくる」というのも言った本人は「患者のことを心配して言ってあげている」つもりかもしれませんが、まずは「たいへんな時に頑張ってくれてありがとう」など、患者本人の行動を認めることの方が先ではないでしょうか?

また、よく使われる「神様は耐えられる苦しみしか与えない」も、確固たる宗教観があるからこそ生きてくる言葉であり、万人に通用する言葉ではないように思います。

なんていろいろ書くと本当に「じゃあ(病気の人に)なんて言えばいいの?」と思われるかもしれません。
でもね、「言葉でいいことを言う」必要ってないと思うんですよ。
まずは「相手の気持ちを受け止める」が先ではないでしょうか?
泣きたいのか、前向きにいたいのか、普通に接してほしいのか、話を聞いてほしいのか…。

めんどくさいですよね、病人って。
病気のことなんて聞かされる側も負担があると思います。
病気のこと、どう伝えるか?
これについてもおいおい考えていきたいと思います。



長い長い文章にお付き合いいただきありがとうございます。
何かのご参考になりましたら、
コメントに協力してくれたメンバーにも
ぽちっと応援↓いただけますとうれしいです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

ありがとうございます!



※今回コメント欄お休みします。
 いろいろ聞かせていただくのは光栄なのですが、一人で受け止めるのは難しいので。
スポンサーサイト