乳がんになってうれしかった言葉・行動

前回のブログで古くからの友人に会い 病気のことを告白したところ、「じゃあなおのこと人生楽しまなきゃ!」との言葉をもらいとてもうれしかった、 と、書きました。

でも公開した後ふと思ったのです。
「言われてうれしい言葉と悲しい言葉って人によって違うよね。」と。

実は私のブログには「病人にかける言葉」で訪問してくれる人が毎日います。
多くの人に訪問していただくのはうれしいのですが、ちょっと怖いとも感じています。
「私が感じたこと(こんな言葉をかけてもらってうれしかった)はあくまでも私の感想であって、乳がんの人が全部そうだと思われると誰かに嫌な思いをさせてしまうかもしれない。」と。
例えば私は「頑張って」はうれしいのだけど、他の人はどうなの?とか。

そこで同じ乳がん患者であるbambi*組のみなさまに、「うれしかった言葉・悲しかった言葉」と「頑張って」という言葉に関しての率直な感想をおうかがいしました。

みなさんそれぞれに思うところがあるらしく、とてもとてもたくさんの反響がありました。
それらを一通り読んで、分かったことは

「うれしい言葉・悲しい言葉は人によってまったく違う」ということ。
当たり前のようですが、いろいろな気持ちを前にあらためてそう思いました。

そんな、「人によってそれぞれうれしいこと・悲しいことは違う」ということをお分かりいただければ、と思い、これから4回に分け、みなさまの【うれしかった言葉】【悲しかった言葉】【「頑張れ」に対してどう思うか】【全体の感想】をお伝えいたします。

ただ、もしこの記事を「病気の人にかける言葉」を探している方が読まれたとしても、「こんな言葉がうれしいんだ!(よしこんな言葉をかけよう!)」とストレートにお思いになるのは避けていただければと思います。みな、さまざまな背景があってこそうれしい言葉、ということをご理解いただければと思います(「じゃあどうすればいいの?」は私見ですがおいおいお伝えしてまいります)。

では、bambi*組みなさまの「うれしかった言葉・対応」です。


「明るい反応がうれしかった」

◆「またディズニーランドとか、行けるかな〜?」と友人に話した時、「何言ってるの!行けるに決まってるじゃん!!」と言われました。たいした内容ではないんですが、私には未来というかなんというか、凄く嬉しかった言葉です(^^)

◆お母さんが原因不明の病で生死の境をさまよい大変だった友達から
「笑ったらアカンけど、アンタの闘病話オモロイわ〜。なんか元気でてきたわ。お母さんもアンタの話聞いたら元気出ると思うわ」って言われたこと。
不謹慎かもしれないけど 大阪人だからか自分の病気を話のネタにしてしまうし、さらに「元気出た」と言ってもらえるとうれしいのです。

◆病気の話を知らせた人(年上の方)から「〇〇ちゃんはきっと治るよ!」
なんだか勇気づけられました!


「泣いてくれたこと、涙を受け止めてくれたこと、がうれしかった」

◆「泣きたい時、愚痴りたい時」私に対して何を言う訳でもなくただ泣かせて愚痴らせてくれた人達には言葉では表現できない位感謝しています。

◆病気が分かった時に「泣くのは自分と一緒の時だけにしなっ」と言ってくれた彼。

◆一番嬉しかったのは姉に言った時に「アンタが死んだら私も死ぬ〜」って泣かれた事。反対に「死ねへんって!!」って、気持ちが楽になった。

◆普段はおちゃらけ夫が 「大丈夫だ 俺がついとる!絶対 治る」って泣いた時。

◆家族以外で泣いてくれた人が、会社にとても多くて驚いたけど、すごく嬉しかったです。

◆乳がん発覚直後、実弟(←39歳。ええ歳のおっさん)から電話。言葉は無く、ただ電話口からすすり泣く声が聞こえてきた。(BGMは小田和正のことばにできないが流れているようだった。ラーラーラーラララ〜)弟よ、ほんまに心配してくれてんねんなぁと思った。

◆近所のママ友は、一人にだけ言いました。偶然にも、彼女のお父さんの胃がんが見つかったのと同じタイミングだったので、すごいショックを与えてしまいました。
目にいっぱい涙をためながら話を聞いてくれて、”○○ちゃん(息子)の事で何かあったら、いつでも言ってね。出来ること何でもするよ。でも○○ちゃんの前では、笑顔でいようね”と言ってくれました。
息子の事が一番気がかりだったので、すごく嬉しかったです。その後何度もランチに誘ってくれて、病気の事を色々聞くわけでなく、今まで通り普通に接してくれました。彼女の笑顔に、すごく救われました感謝しています。


「叱咤激励で勇気が出た」

◆「あんたはイザって時に強いから。大丈夫やで」
幼馴染から言われたのですが、これから病気と闘って行く勇気が湧いた言葉でした。

◆普段は無口な旦那が「一生病気と付き合っていく覚悟はできてるから、お前も頑張れ!」
って言ってくれたこと。

◆告知を受け旦那にメールしたときの返信で一言「一緒にがんばろう」の「一緒に」が何だか一人じゃないと感じられてうれしかったです。

◆旦那が ”これは、家族みんなで乗り切れ!ってこと。これを乗り切ったら、今まで以上に家族の絆が深まる!”と言った事(今思い出すとちょっとクサイですね)。
”何でこんな病気になったんだろう・・・”と何度も言うを考えよう”と言ったこと。
私に、”いくら考えても、どうしようもない事は考えない!免疫力が下がる。それより今できる事を考えよう”と言ったこと。

◆バンビ仲間で、仲良くさせてもらってる方達からの、励ましの言葉!


「(あなたのために)行動します」がうれしかった

◆親友B(中国地方在住)に『私の顔見たら元気でるか?いつでも『会いに来て』って連絡して。いつでも(関西まで)出動できるようにスタンバイOKやで。すぐ会いに行くから。』嬉しかったーーー。またしても涙 。

◆嬉しいかったのは、友人が「醤油一本でもいいから、買ってくるからいつでも連絡してね」って言ってくれた事。

◆ケモ中の半年間に親友が二歳の息子を連れてイベントに連れて行ってくれたり、長男を家族のお出かけに加えてくれたりしたので
「本当に申し訳ない、なんてお礼を言ったらいいのか分からない」と言ったら
「当たり前のことをしてるだけ。お礼なんて要らないんだよ。」とさらり。
彼女には一生、感謝し続けます。


相手の思いやりがうれしかった(居場所を認めてくれた)

◆治療に専念したらいいよ〜、仕事は辞めなくていいよって言ってくれた時は嬉しかったです。

◆親友Aに『Mちゃんが辛い抗癌剤を頑張ってくれて嬉しい。私にとってアンタは居てもらわなきゃいけない親友なんだよ。これからもっともっと一緒に旅行したり沢山楽しいことしたいから、病気に負けてもらっちゃ私が困る。』この親友の心からの応援に涙 。

◆上司から「仕事の事より、まずあなたの身体の事を第一に考えればいいから!」長く休職する身としては有難い言葉です。

◆乳がんを患った先輩が 「乳ガンって頑張り屋さんがなるんだってよー 」って言ってくれた時。


以上です。
どうでしょうか?非常にバラエティに富んでいることがお分かりいただけたのではないかと思います。

そのなかでも「全体の傾向」として言えるのは
1)「言葉」だけではなく、「行動」も強く人を励ますこと
2)「叱咤激励」は家族や患者間などで受け入れられる傾向が強いこと
3)「患者の感情(泣きたいのか、明るく過ごしたいのか)」を受け止めてもらえるとうれしいこと

でしょうか?
では、次回は「悲しかった言葉」です。



長い長い文章にお付き合いいただきありがとうございます。
何かのご参考になりましたら、
コメントに協力してくれたメンバーにも
ぽちっと応援↓いただけますとうれしいです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

ありがとうございます!
スポンサーサイト

7 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/12/15 (Sat) 12:04 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

monmonさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

悲しい思いをされましたね。

病気の話は繊細ですのでどうぞお話しされる方は慎重にお選びください。

ではどうぞお大事に。

2012/12/16 (Sun) 01:45 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/12/18 (Tue) 07:32 | EDIT | REPLY |   

りりぃ  

はじめまして、乳がんはがんばりやさんが、なるんだよ。に、涙が出ました。ありがとう。

2012/12/20 (Thu) 23:05 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

りりぃさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
りりぃさんも治療とかいろいろがんばってこられたんですね。
いろいろありますがともに頑張りましょう!

2012/12/22 (Sat) 09:24 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/11 (Sat) 20:40 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

ともこさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

近しい人が病気…どう接していいか悩みますよね。
正解はないかと思いますが、
「相手の決断を尊重する」
「自分の気持ちを理解してもらおうとするのではなく、相手の気持ちを理解しようと努める」
ことがキーワードではないかと思います。

なのでともこさんが「頑張ってるよね」って言ってくれたことでうれしかったんではないかと思います。

>あれ、何を書いているか分からなくなりました。

分かります、その気持ち、とっても(^^)。
(私もしゃべりながら「あれ?あれ??」とよくなります)

よくなられること、私も願ってます!

2016/06/13 (Mon) 11:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment