スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ki67(病理検査の結果)

昨日、病院で病理検査の結果を聞いてきた。

その時問題になったのがKi67。

なにそれ?初めて聞く。先生曰く「癌細胞の増殖の強さ」を示す指標らしい。

私の場合30%程度らしい。

「高い」らしい。

あらためて家に帰って調べてみると

「Ki67は細胞周期関連核タンパク質です。増殖中の細胞では,G1期,S期,G2期,M期において発現しますが,増殖を休止しているG0期においては存在しないため,細胞増殖と細胞周期のマーカーとして用いられます。また,Ki67発現量と腫瘍の悪性度には正の相関が見られるため,腫瘍組織における増殖細胞を検出するマーカーとしても有用です(薬品会社HPより)。」

fig01.jpg


細胞周期!懐かしいなあ。高校の時習った気がする。

確か、細胞は常に分裂し続けているわけではなく、細胞には分裂期と分裂していない間期に分けることができ、分裂期と間期を繰り返す細胞周期を持っている、とかなんとか。

要するにこのKi67とは、「分裂期」の細胞を染めるものらしい。

私の場合、30%って…3割が増殖中ってことですか?

先生が言っていた「一定の基準」は「14%」で、それより少ないと大人しいとかなんとか。

あの~?倍以上ですが…?暴れてるんですか???

もう切り取った癌の病理結果だけど嫌だなあ。

「手術で癌は取り除きましたが増殖度が高いし、リンパ節にも転移してたので全身に散らばってる可能性があります。」って。

取りあえず今後の治療方針を決め、病理検査の紙をもらい退散。




情けないことにストレスから(?)かいきなり膀胱炎のような症状(排尿痛&頻尿)が…。
とほほ~なワタシに↓ぽちっと応援いただけますと幸いです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

ストレスで膀胱炎?なんかかっちょ悪い(*´-ω-`)
食欲不振とか繊細そうなものになりたい…(←がっつり食ってます(笑)!)

スポンサーサイト

- 2 Comments

acco  

はじめてコメントします。

検診の件で。

私は毎年触診とマンモをやってましたが、一年前も問題なく、昨秋は半年後要検診とあり検診先に問い合わせたところ、「ご自分が気になったら病院に行ってください。」とのことでした。

明らかにしこりがあったので、一ヵ月後、近くの大学病院に行って細胞診までしました。
「なにもありません。」
「では、半年後でいいんですか?」
「半年後でもいいけど、もう一度取ったら取れるかも?」
乳せん外科医の免許もってるんでしょ?

怪しいと思いA明G研に行ったら、リンパまで、広く広がってました。「前の検診じゃなくてその前の検診でもなにも言われなかったの?」ですって。

術前化学療法、全摘、放射線、ハーセプチン、ホルモンと永遠と治療か、治療中再発だそうです。
私の場合、何人もの医療関係者が見落としてるのよね。
すごい初期で見つかってる人もいるのに、私みたいに毎年の検診に加えて細胞診までやぶ医者にあたってるお気の毒な人間もいるのをどこかで言いたかった・・・。

2011/08/14 (Sun) 17:08 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

Re: タイトルなし

accoさん

初コメありがとうございます☆

この病気になってみて、はじめて検診の見落としの多さを知り驚いています。
いろいろな医療機関で適切な診断を受けられなかったとのこと、本当に驚きです。

(一般の人に)「乳がん検診に行く啓蒙」にお金をかけるなら、
(医療機関の)「検診の精度を向上する仕組みづくり」にお金掛けるべきでは、と思っています。

医療は門外漢なのでなにをどうしろという提言はできませんが、このまま乳がん検診受診者が増えても見落とされる人が増えるように思えてならないのです。

それにしても、納得のいく医療機関に巡り合えるまで頑張られたのはほんとうによかったですね。
(私も知り合いには納得が行くまで医者をかえてでも診てもらった方がいい、と勧めています)

治療が良い方向に向かうことを心からお祈りしております!

2011/08/15 (Mon) 08:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。