スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

さて、本日はシンガポールのマリーナ地区に2012年6月にオープンした施設「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」のご紹介を。

garden2.jpg


我々が宿泊したマリーナ・ベイ・サンズはその名のとおりマリーナ地区と言うところにあります。

マリーナ地区の観光スポットとしてはかの有名なマーラインがあるのですが、ショッピングセンターなどのある市街地からはちょっと離れた場所だったりして、まあ、正直そのほかは何もありません。

なので開発し放題!と言うわけでもないのでしょうが、巨大な植物園が作られました。

garden.jpg

実は植物園好きな私。
特長的な建物にわくわく。

夫は、というとどう見ても興味なさそう。
でも連れてく。それが我が家の掟だから(笑)。

Gardens by the bayは広大な敷地(総面積101万㎡)内にドーム型の植物園が二つ設けられています。
植物園は「常夏のシンガポールに地中海性気候」がコンセプトなのだとか。

一つは「フラワードーム」もう一つは…あれ?クラウドとかミストとかそんな名前(すでにうろ覚え)。

別料金ですが両方入ることに。

まずはフラワードーム。

garden3.jpg

「シンガポールでは普通には生えない植物」をふんだんに植えているそうですが、う~ん、針葉樹とかパンジーとか、日本人にはむしろありふれた植物。

ま、こんなもんか、とここは早々に後に。

で、お次は、と次のドームのドアを開けると…

びゅーんと吹き抜ける大きな風
わ、え?なに、なに???

garden4.jpg

どど~ん!!
そこに現れたのは巨大な滝。


すっごーい!思わぬ迫力に入場者から口ぐちに歓声が。
私も「わあ!すごい!」と喜んでたら義母上が帽子を拾ってくれました。

あ、さっきの突風で帽子が吹っ飛んでたのね。

この日はネット付きのつけ毛+帽子だからさ、帽子がないとこんな感じ。

netwig.jpg

正直間抜け。

でも気にしな~い。だってここは南国だから( ̄▽ ̄)ノ。

garden5.jpg

写真ではなかなかこの迫力をお伝えできないのがもどかしいのですが、ドームの中には巨大な壁がそそり立ち、その見た目は小高い山。

建物の中に山作るとは。恐るべし、シンガポールの観光魂。

garden6.jpg

garden9.jpg

建物内部には通路も設けられていてまさに空中散歩

高いとこ怖いけど面白~い。

と言うわけでガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、今まで行った植物園の中で一番面白かったです!

ただし、
フラワードーム:☆(行くとこなければ。。。)
滝の方:☆☆☆(圧巻!)
庭園:あるみたいだけど暑くて行ってない。。。



◆ナイトサファリ体験記はこちら

◆チェックイン前でもプール利用可。マリーナ・ベイ・サンズの宿泊体験記はこちら

◆マリーナベイサンズ至近・ガーデンズバイザベイの記事はこちら(おススメ!)

◆英国文化を体験!リッツカールトンのアフタヌーンティーはこちら

◆おススメは水上観光。マーライオン公園etc.市内観光記はこちら

◆ユニバーサルスタジオだけじゃない。セントーサ島観光記はこちら

◆セントーサ島ではここに泊まりました。子連れにおススメシャングリラ・ラサ・セントーサ
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。