スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポールのリッツカールトンでアフタヌーンティー

さて、シンガポールで楽しみにしていたこと・・・それはアフタヌーンティー

イギリス様式のアフタヌーンティー、ずっと憧れてたんです

行き先はマリーナ・ベイ・サンズからもほど近いリッツカールトンホテル。

夫は「俺全然興味ねえ( ̄∀ ̄) 」と温かく(?)送りだしてくれましたので、子供たちがプールで遊んでいる時に義母と二人で行って参りました。

ちなみにbambi*も義母も英語は全然ダメダメです。どうなることやら…。

afternoontea1.jpg

まず出てくるのはパッションフルーツのジュース。ん~、おいしい。

「bambiさん、(写真左下の)タレ(?)みたいなものはいったい何?」
と義母に聞かれるも、知識も尋ねる語学力もなく。。。

afternoontea6.jpg

お次はトレイのお菓子…ではなく、パイ包みのお料理。
わっ、こんなの出るんだ!これだけでも結構なボリュームです。

afternoontea3.jpg

さて、いよいよ「三段トレ―」の登場!
上からスコーン、サンドイッチ、ケーキの順です。
上から食べるのがお作法なんだとか。
さあ、食べるぞ~(≧▽≦)ノと思ったら、「オシャシントリマショウカ?」と店員さんから親切な声が。
「え?お義母様とツーショット??あ、いえ、別に。。。( ̄▽ ̄;)」と思うものの断る語学力もなく。。。

はい、チーズ

afternoontea2.jpg

どうするよ、この写真?
仕方ねえ、ブログにでも使うか(笑)。

afteanoontea4.jpg

で、トレーのお菓子を食べる間もなく…お次はシャーベット。
うわ~、もうお腹いっぱい!でも溶けるから食べちゃう~。

しかしこれでも終わりではなく、

afternoontea5.jpg

最後にとどめを刺すように焼き菓子が(取り放題!)。
もうお腹いっぱい~(@▽@)!と、あまりもらわなかったら

afternoontea7.jpg

なんと持って帰らせてくれました。
ちっ、知ってたらもっともらったのに (-"-;) 。

afternoontea8.jpg

で、持って帰ったケーキはマリーナのプールサイドで子供達に食わせました。
だってここのプールサイド、日本で250円のハーゲン〇ッツが700円なんだもん!
おやつ代浮いてよかった( ̄▽ ̄)!
あ、もっと詰めてくりゃ晩ご飯代も浮いた?

独断と偏見によるシンガポール観光格付け、本日のリッツカールトンのアフタヌーンティー:☆☆☆
ちなみにリッツカールトンの方たちはとても親切ですよ~。


◆ナイトサファリ体験記はこちら

◆チェックイン前でもプール利用可。マリーナ・ベイ・サンズの宿泊体験記はこちら

◆マリーナベイサンズ至近・ガーデンズバイザベイの記事はこちら(おススメ!)

◆英国文化を体験!リッツカールトンのアフタヌーンティーはこちら

◆おススメは水上観光。マーライオン公園etc.市内観光記はこちら

◆ユニバーサルスタジオだけじゃない。セントーサ島観光記はこちら

◆セントーサ島ではここに泊まりました。子連れにおススメシャングリラ・ラサ・セントーサ
スポンサーサイト

- 4 Comments

ゆり  

素敵すぎますー!
ずっと「羨ましー」と思って読ませていただいてましたが
今回は我慢できず!
アフタヌーンティーには目がないもので。
ああー素敵。

マリーナベイサンズも憧れのホテルでして
よし、絶対行く!と決心も新たにすることができました。
ありがとうございます^^

2012/08/21 (Tue) 20:19 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/08/22 (Wed) 14:45 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

ゆりさん

本格的なアフタヌーンティー、実はずっと憧れてました。

ゆりさんはどこか海外とかで行かれましたか?

マリーナベイサンズの中にももちろんアフタヌーンティーができるとこがあるのでぜひお出かけください!

2012/08/22 (Wed) 23:10 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

ananさん

シンガポール、まるで100回ぐらい行ったかのような記事になっています(汗)

ちなみに義母は息子(夫)の英語に、
「下手な英語でも通じるんだね~ (o´∀`o)」と申しておりました。
いや、あなた、ずっと日本語じゃないですか、と心の中で義母にツッコミ。

「今日耳日曜~」
我が家では定番の言葉です(笑)!

> うちの息子達も馬鹿ですが、男の子はそこが可愛いです(*^^)v

男の子は3,4年生になってもほんとまだまだ幼い!
あ、ちなみにシンガポールでも白人の男の子が「見えない敵」と戦ってました。
「馬鹿男子」は世界共通!?

ではこちらこそ楽しみにしてま~す(*^_^*)!

2012/08/22 (Wed) 23:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。