悔しいのやら何やら

先日とある仕事に応募したのだけど採用されなかった。

一年ごとの契約で昨年は採用された仕事。
(私はこういう仕事を何本もやっています)

ところが4月の事業開始直後に病気が発覚。

前回の記事のとおり超スローペースな治療スケジュールもあり十分に働いたとは言えなかった。

不採用の理由は公表されないけどやっぱり働いた日数が他の人に比べて少なかった影響が大きいのかな?

病気じゃなかったら今年も採用された?

病気をおしてばりばり働いてたら今年も採用された?

いつかは病気のことも神様の思し召し、と思えたらいいけど今はただ純粋に悔しい。

なんで子供もいてそのうえ病気なのに仕事で成果をあげたいって欲求が強いんだろう。

欲深いな、私。

あれもこれもが無理なのは頭では分かっているけど。

宇宙飛行士の山崎直子さんのご主人が奥さんを送りだした後「世界中から取り残された気分になった。」と言っていたのを思い出す。

とりあえず今の自分にできることからやり直すか。

それしかできない。



お読みいただきありがとうございます。
よろしければ↓応援↓いただけますとうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

ありがとうございます。

スポンサーサイト