正確な情報を。(全摘=悪いこと?)

先日、テレビで乳がんになられたモデル、MAIKOさんの治療期を放送していました。
ご覧になられた方も多いのではないでしょうか?

この手の番組を見ていつも感じるのは
「全摘→最悪な結末」「温存→助かった!」
というような見せ方に対する疑問。

MAIKOさん自身も当初全摘と言われていたのが病院を変えたことで温存できた、とのこと。
ご本人の意に沿った治療を受けることができたのは本当に良かったと思います。

でもゲストの「全摘しなくてすんでほんと良かったですよね~。」との発言にはもやもや。

全摘には全摘のメリットもあるんですけど!

私も知らなかったし、ゲストさんたちも知らなくて当然、なんだけど、テレビみたいな大勢の人が見てるメディアで、
乳がん→温存で済んだらいいけど…→全摘になんてなったら→一生胸なくなっちゃう!→それは恐ろしい!!
なんて視点でものごとを語るのはどうなの?

と思ってたら、出演者である女性医師さんがすかさず補足を入れておられました。
・全摘しても再建ということができる
・場合によっては全摘→再建の方が見た目の美しさが保てることも多い、と。

その発言にほんとすっきり。

不必要に全摘という乳がんの一治療法への恐怖感をあおることなくまとめてくれたな、という感じです。

それにしてもテレビで乳がんのことやってると、ほぼ「温存で助かった!」的なストーリーか、もしくは「治療の甲斐なく…」系のような気がします。

「全摘して再建しました!」なんていうのはウケないのかな?
(温存して再建、と言うのはみたことあるけど)

そういう選択肢がある、というのを知っていれば、乳がんを宣告された時のショックの一部もやわらぐように思えるのです。
私も全摘の勧めに当初驚きましたが、医師から再建と言う手法があることを聞いてずいぶん安心したものです(結局今のところ再建は予定しておりませんが)。

「全摘してそのまんまです!」なんてぜったい取り上げないだろうな。

全摘後、再建される方は全体の四分の一から五分の一だとか。

残りの方はどうして再建されない選択をされたのかな?

ちなみに私は「慣れちゃった」が7割、「経済的事由(貯蓄とかに回したい)」が3割、と言ったところです。

ちょっと話がそれましたが、メディアには正確な情報を流していただきたい、ということと、全摘患者も元気にしてますよ、ということで。



お読みいただきありがとうございます。
よろしければぽちっと↓応援いただけますととてもうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

ありがとうございます

追伸:
乳がん取り上げたテレビ番組、ついつい見ちゃいます。
コメントいただいて気づきましたが、抗ガン剤治療もしかり、ですね。
今はいい副作用どめの薬もあるのに、テレビでは相変わらず抗がん剤→トイレでげーっ、みたいな。
確かに以前、そのような苦しい副作用を乗り越えた方はたくさんいらっしゃいますが、今は状況が異なります。
もしかしたら今は健康な方も、今後何かの拍子に抗がん剤を始める可能性も大いにあります。
いたずらに不安をあおるような番組には疑問を感じます。

スポンサーサイト

24 Comments

チョコ  

おはようございます(^^)/観ました!
全く同意見です。
後もうひとつ。
抗がん剤投与中、吐いておられましたよね。あの場面でも、一言フォローが欲しかったです。
今は吐き気を抑えるとても良い薬がありますよね。
私は、抗がん剤投与と聞いて一番不安だった副作用が吐き気でした。
幼い頃から、身体が弱く熱を出しては吐いて、とても辛かったです(;_;)
すべての方に効果がある訳ではないのでしょうが、少なくとも、私の病院で同じ抗がん剤を投与されていた方々には、吐いている方はおられませんでした。
出来る限りの、正確な最新情報を流して欲しいですね( 」´0`)」

2012/03/04 (Sun) 06:57 | EDIT | REPLY |   

REECO  

初めてコメントさせていただきます。
私もTVをみて、同じように憤りを感じた一人です。そしてチョコさんのコメントともまったく同意見でした。
入院中、ちょうどPINKという乳がん関係の季刊誌が病棟にあって、MAIKOさんの特集だったのですが、その内容と比べるとTV用に編集されているなと気になり、情報番組の発信の仕方の問題を痛感したものです。
私も左胸全摘。 がんばれば温存もできますが、との主治医の言葉に一瞬迷いましたが、もともと小さい胸、ちょぼーんと残るよりはきれいに取っちゃってもらいました。再建も興味なしです。理由はまた手術するのが嫌なのが8割、慣れちゃったが2割かな? 
医学は日々進歩してるので、リアルタイムの情報が得られる乳がんブログは多くの患者さんの助けになってますね。
ブロガーの皆さんに感謝感謝です。

2012/03/04 (Sun) 09:54 | EDIT | REPLY |   

ルビリン  

同感です

はじめまして、乳ガン全摘二年生です。全く同感です。安易な温存は実は再発率が上がることもある、温存は医師の技術により「取り残し」の危険性もある、など、全摘と比較したデメリットは全く放送されませんよね…。全摘は「不幸、かわいそう」みたいな。私は全摘で本当によかったと今は思えます。残した乳房にあるかもしれないガンの芽に怯えなくてすむ。主治医曰わく「安易な温存で、結局再発し行き場がなくなり、緩和ケアにいる患者さんを僕らは外科医として見過ごすことはできない、ガンという病気を侮ってはいけない、あなたの場合は全摘、再建です」と断言して貰ったことに今は感謝してます。

2012/03/04 (Sun) 10:04 | EDIT | REPLY |   

励まし隊  

私も見ました。
情報番組やバラエティだと、
どうしても中途半端にしか伝えられないんだよなー、とか
思いながら観ていました。
不特定多数を相手に、短時間で分かりやすく簡潔に、
って、難しいのでしょうね。

私、乳がんになってから何人かのお医者さんのブログを読んでいます。
その中の一人で30歳の外科医の先生なのですが、
「中年乳がん患者さんが苦手」とブログで愚痴っておられます。(笑)
おばちゃん患者としては、励ましてあげたいので、
bambiさんやここに来られる方もお時間があれば
青年医師を励ましてあげてみてください。
↓乳がん患者の愚痴いっぱいの30歳外科医のブログです。(笑)
http://blogs.yahoo.co.jp/nach_freiburg

2012/03/04 (Sun) 10:07 | EDIT | REPLY |   

sumi  

途中からですが番組見ました。私は温存は範囲的に危険が残るため全摘にしましたが、というか全部取ってすっきりしたいという気持ちでした。小胸なので左右の差もあまりないし(笑)再建も全く考えていません。よく乳がんは血縁や初潮が早い出産が遅いとか可能性として高いと言われますが私は全く当てはまらないけどなる人もいるということも知ってほしいですね。

2012/03/04 (Sun) 12:49 | EDIT | REPLY |   

ぴょん吉  

乳がんを扱った番組では、全摘を否定的に扱っていますが、その理由が美容上の問題であって医学的な理由でないことに疑問を感じます。
乳がん患者にとって術後の数年間はがんを封じ込めることができるほとんどワンチャンスともいえる大事な時期です。この時期の治療法を決めるのが、術後の病理検査ですが脈管浸襲などでは全摘のほうが正確であると聞いています。

2012/03/04 (Sun) 18:07 | EDIT | REPLY |   

kuri  

初コメします!
いつも拝見させていただいてます。

私も全摘手術しました。
胸に関しては人それぞれの感覚があって、ショック度も違うのかな?と思ってます。
私は温存して同所再発する可能性があるならば全部取ってしまえ!って考えで全摘にしました。
再建も考えてません^^
理由は・・・また手術するの怖いし、です。

これからもブログ楽しみにしています!

2012/03/04 (Sun) 20:28 | EDIT | REPLY |   

楽々  

123

私もその番組,がっつり視てました!
私は逆で,超早期発見だから温存と言われ,そのつもりで手術に臨みましたが,すごく進行が速いのと脈管浸潤があるのと,位置が乳房のど真ん中で,しかも肋骨に近い所だったので,全摘と手術前日に言われました(そこでかよ~笑)
当然同時再建なぞ知る由もなくバッサリー!
私は胸が大きいこともあって,左右差も苦しく,再建したくてしたくて一年半頑張ってきました。(ハーセプチンもあったのでね。なかなか主治医の許可おりず)

やっとエキスパンダー手術が夏に決まりました。
命あっての再建と今は思えますが,はじめのうちは温存の人が羨ましくて羨ましくて…。
あの番組は,私にとってはかなり凹むつくりでした(かっこいい息子もいないし笑)

MAIKOさんが温存可能と言われた聖路○病院。築地で家からめっちゃ近いのに,千葉の房総の病院で手術した私ですし(高速バスで二時間以上かかりますよ~笑)ネット検索によるヤマカンセカンドオピニオンで,こんな遠くまで行っちゃって。

でも,私にとっては,きっと最高の選択だったんだと,今は確信しています。

そうそうFECはつわりひどかったんで,覚悟していましたけれども!イメンドとデカドロンのおかげで,4回とも吐き気ゼロでした。でも便も止まっちゃって(爆)泣きながらドデカい浣腸しましたわ(笑)

本当,人生いろいろ。乳がんもいろいろ。
咲き乱れましょう!!

2012/03/05 (Mon) 05:28 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

チョコさん

おはようございます。コメントありがとうございます(^ ^)。

抗がん剤の描写…そうでした!
(追伸に記入させていただきました!)

私も抗がん剤使用前、吐き気が心配でしたが、先輩ブロガーさんのブログで「今はすごくいい吐き気止めが…」って書いてあって大いに安心しました。
吐き気止め、ほんとに助かりましたよね♪

2012/03/05 (Mon) 08:21 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

REECOさん

初めまして。コメントありがとうございます☆

PINKのMAIKOさんの特集は拝見していないのですが、やっぱりテレビはちょっと大げさな感じに仕上げているのでしょうか(?_?)

> 私も左胸全摘。 がんばれば温存もできますが、との主治医の言葉に一瞬迷いましたが、もともと小さい胸、ちょぼーんと残るよりはきれいに取っちゃってもらいました。再建も興味なしです。理由はまた手術するのが嫌なのが8割、慣れちゃったが2割かな?

あ、一緒です。私も「どうしても嫌なら温存も…」って言われたんです。
でも残してたら、ちょっとした症状も気になって気になって仕方ないかも、と思いきっちゃいました。
「また手術するのが嫌」も一緒です!(麻酔酔いがひどかったので!)
今は主治医ともども再建のこととか忘れてます(笑)。
 
> 医学は日々進歩してるので、リアルタイムの情報が得られる乳がんブログは多くの患者さんの助けになってますね。
> ブロガーの皆さんに感謝感謝です。

私も抗がん剤治療前とかいろいろお世話になりました!
副作用の出方とかもほんと人によりけりで、「へっちゃらでした」なんて情報には心が軽くなりました。
私も感謝、感謝です。

2012/03/05 (Mon) 08:30 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

ルビリンさん

はじめまして。コメントありがとうございます☆

ルビリンさんの主治医ははっきりした治療方針をお持ちなんですね。
私も全摘なら全摘ではっきり勧めてもらった方が安心なタイプです。
私は「どちらの手術法でも術後、どれくらい生きられるかに違いはありませんが、再建したいなら(あなたの場合)全摘が適してます。」というようなことを言われました。
何にせよ、しっかりした説明で患者が納得の上治療法を選択するのが重要ですよね。

2012/03/05 (Mon) 08:37 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

励まし隊さん

外科医先生のブログ見ました~。
面白い方ですね( ^ ^ )。
診察してもらって、「私も乳やで~。うんざりやろうけどしっかり診てや~。」とか言ってみたいです(笑)。

テレビは時間も限られてるし、不特定多数を引きつけないといけないからどうしても偏った表現になるんでしょうね…。(「正確に」が第一だと教育テレビのようになってしまうだろうし)。

でもこれからもツッコミ入れつつ乳がんTV見ちゃうと思います(笑)!

2012/03/05 (Mon) 08:42 | EDIT | REPLY |   

クウ  

私もそのテレビ見て疑問に感じた一人です。
私は温存できると言われましたが、できた位置が悪く胸が変形すると言われ左胸全摘しました。再建は考えていましたが、今は抗癌剤治療でいっぱいいっぱいなので・・・
fec治療なのですが、bambi さんのブログお世話になりありがとうございました。今でも読み返しています。
今週4回目です。

2012/03/05 (Mon) 13:19 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

sumiさん

> 全部取ってすっきりしたいという気持ちでした。小胸なので左右の差もあまりないし(笑)再建も全く考えていません。

一緒です~i-178
私の場合、2cmと腫瘍の大きさはそう大きくなかったのですが、小胸ゆえ、その大きさでもとったらほぼ胸が無くなるのでは…、ならとっちゃえ!って感じでした。

> よく乳がんは血縁や初潮が早い出産が遅いとか可能性として高いと言われますが私は全く当てはまらないけどなる人もいるということも知ってほしいですね。

私は30歳初産で、世間的には遅くない、って思ってたんですが乳がんのリスク的には30歳ですでに高リスクだと知り驚きました。「いくつになっても産める」っていうようなマスコミの論調もいかがなもんかと思う今日この頃です。

2012/03/05 (Mon) 15:08 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

ぴょん吉さん

> 乳がんを扱った番組では、全摘を否定的に扱っていますが、その理由が美容上の問題であって医学的な理由でないことに疑問を感じます。

「美容上の問題であって医学的な理由でない」本当にそうですね。
美容上の問題に対する感覚って同じ女性でもまったく異なるからいっしょくたにされることに疑問を感じていたのだと気付きました。

> 乳がん患者にとって術後の数年間はがんを封じ込めることができるほとんどワンチャンスともいえる大事な時期です。この時期の治療法を決めるのが、術後の病理検査ですが脈管浸襲などでは全摘のほうが正確であると聞いています。

なぜ今でも全摘手術と言う手法が残っているのか、意味があるから残っているんですよね。
いたずらに全摘を技術のない医師のする手法であるかのように報道するのはやっぱりちょっと控えていただきたいもんです。

2012/03/05 (Mon) 15:14 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

kuriさん

初コメならびに応援ありがとうございます!

私も「再発の可能性があるならば全部取ってしまえ!」and「手術怖いし」です。
全摘患者って思い切りがいいようで実は臆病なのかも知れませんね^^。

2012/03/05 (Mon) 15:32 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

楽々さん

夏に再建手術されるんですね。おめでとうございます!
(> 私は胸が大きいこともあって←一生に一度でいいから言ってみたいですi-233!(大きい人は大きいなりに苦労もあるそうですが。))

> 私は逆で,超早期発見だから温存と言われ,そのつもりで手術に臨みましたが,すごく進行が速いのと脈管浸潤があるのと,位置が乳房のど真ん中で,しかも肋骨に近い所だったので,全摘と手術前日に言われました(そこでかよ~笑)
> 当然同時再建なぞ知る由もなくバッサリー!
> でも,私にとっては,きっと最高の選択だったんだと,今は確信しています。

しゅ、手術前日ですか~。そりゃびっくり!
同時再建なんて、やっぱ知りませんよね。
でも全摘するにしてもきちんとその理由が納得できたからこそ、今こうして納得されてるんですよね。
ちょっと(いやかなり?)ご自宅から遠いようですが、良い選択をされたのではないでしょうか?

> あの番組は,私にとってはかなり凹むつくりでした(かっこいい息子もいないし笑)

安心してください、当家にもおりません(笑)。

> そうそうFECはつわりひどかったんで,覚悟していましたけれども!イメンドとデカドロンのおかげで,4回とも吐き気ゼロでした。でも便も止まっちゃって(爆)泣きながらドデカい浣腸しましたわ(笑)

私はつわりもひどくなかったんでなめてたら初回のみ4回吐きました(笑)。
あとはデカドロンで何とか乗り切りましたね~。
便秘、FECは大丈夫でしたがタキソテールで腸の動きがとまりました…。
本当,人生いろいろ。乳がんもいろいろですね。
人生まだまだこれから。お互い咲き乱れましょう!!

2012/03/05 (Mon) 15:44 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

クウさん

こんにちは。今週FEC4回目でしょうか?大変な中、コメントいただきありがとうございます。

「温存」と言っても胸が変形することもある、そんな事実もきちんと伝えていないところに違和感を覚えるのでしょうね。

抗癌剤治療中はそれだけでいっぱいいっぱいだと思います。
治療終わったら余裕がたくさん出てきますので、またその時どうしたいかゆっくりお考えになられては、と思いますi-228

2012/03/05 (Mon) 15:50 | EDIT | REPLY |   

心  

初めまして

初めてコメントします。

ちょっときつい言い方ですが、全部が患者さんのための番組ではないと言うことだと思います。
健常者からすれば、やっぱり『全摘』じゃなくてよかったと思いますよ。だからこそ、早期発見をうるさいくらい謳っているのでは?気持ちはわかるけど、マスコミを自分本位に受けとめてはダメだと思います。

2012/03/05 (Mon) 20:52 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

心さん

初めまして。コメントありがとうございます。
>
> ちょっときつい言い方ですが、全部が患者さんのための番組ではないと言うことだと思います。
> 健常者からすれば、やっぱり『全摘』じゃなくてよかったと思いますよ。だからこそ、早期発見をうるさいくらい謳っているのでは?

このような考え方もあるのだと受け止めますが

> 気持ちはわかるけど、マスコミを自分本位に受けとめてはダメだと思います。

報道に対してどのような感想を持つかは個人の自由だと思います。

2012/03/05 (Mon) 21:13 | EDIT | REPLY |   

Hacci  

初コメします。
私もBambiさんと同じ意見です。私は今年の1月に乳癌が発覚し、2月14日に右胸を全摘(ステージIIB)しました。はじめは温存の方がいいのかと思っていたのですが、色々と調べて見ると、全摘のメリットは医学的、美容的にもありますよねー。医療と美容の先進国アメリカでは、最近の傾向では、温存より全摘と同時再建を選択する患者さんが増えてるそうです。温存では胸の大きさが左右で変わってしまうので、好まれないそうです。

私は香港に1年前に引っ越してきましたが、ここ香港でも全摘と同時再建を3人の乳腺外科医から勧められました。私の中国系アメリカ人の香港在住のお友達も、全摘と同時再建をやってました(ステージ0の人ですが)。私は再建は2,3年後にしようかなーって考えてます。

来週から抗がん剤です。TACにするかFEC+Tにするか迷っている所です。吐き気が一番気になるのですが、吐き止めの薬をガンガン入れてもらうことにします。カツラも日本のお友達に頼んでNavanaで買って送ってもらうことにしました。

これからもブログ楽しみにしてます。


2012/03/05 (Mon) 22:48 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

Hacciさん

こんにちは。香港からでしょうか?初コメありがとうございます。

海外の乳がん事情にはとんと疎く、アメリカや香港の情報、興味深く拝読させていただきました。

日本もまたちょっと遅れてそんな風になるのかも知れないですね。

> 来週から抗がん剤です。TACにするかFEC+Tにするか迷っている所です。吐き気が一番気になるのですが、吐き止めの薬をガンガン入れてもらうことにします。

抗がん剤デビューですか。ちょっとどきどきしますよね。
吐き気止めはほんとによく効きますよ。
ただし私の場合、不眠気味になったりもしたので、吐き気の様子見ながら調整して下さいね。

> カツラも日本のお友達に頼んでNavanaで買って送ってもらうことにしました。

海外だとやっぱりカツラも日本人の頭にはあわなかったりするのでしょうか?
Navana、いいですよ~☆

> これからもブログ楽しみにしてます。

ありがとうございます。
どうぞお大事に!

2012/03/06 (Tue) 22:28 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/10/31 (Fri) 22:04 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

ともちんさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

先週告知で全摘の勧めですか。
それはショックですね。

でも、再建に関しては技術が進歩しています。
まさに今日(11月1日)、仲間が再建に関する催しを開いていたりするのでそういった情報もうまく活用してくださいね。

そして、疑問や迷いはぜひ主治医にお伝えください!

ともちんさんが納得いく治療が受けられるよう、心からお祈りしています。

2014/11/01 (Sat) 20:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment