スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病理検査「そのまんま」掲載part3 術後病理検査編

病理検査「そのまんま」掲載シリーズ。本日は術後病理検査編です。

私の病院はですねえ、術後5週間経たないと病理検査の結果が出なかったんですが、
待って待ってやっと出たのがこれ↓

(3)「術後」の「組織診」レポート↓
20110808-0.jpg

5週間かかった割にはずいぶん簡素な気もしますが、

内容は…相変わらずちんぷんかんぷんですね。

手書きで丸とかついてるのは主治医が説明の時に書き加えたものですが、半年以上たってるので正直どんな説明されたかうろ覚え。。。

なのでやはりもう一度調べてみることにしました。

20110808-5.jpg

「左胸手術後の病理検査の結果、浸潤性乳管癌で組織学的グレードは2」ってとこでしょうか?


あらためて組織学的グレード、について調べてみると…

グレード分類は浸潤性乳管癌の病理学的悪性度の指標の一つとして汎用されてきたもので,癌細胞の顔つきの悪さの程度である。浸潤性乳管癌の浸潤部を対象にルーチンのHE染色標本を用いて判定し,構造異型,核異型,核分裂像(各1~3点)の3項目のスコアで判定する組織グレード(合計3~9点)と核異型,核分裂像の数の2項目のスコアで判定する核グレード(合計2~6点)が用いられる。

SBR分類は、乳管癌の管腔形成度、核異型度、核分裂数をそれぞれ1~3にスコア化し、3~5点をgrade 1、6~7点をgrade 2、8~9点をgrade 3とする。スコアが高いほど悪性度が高い。
病理診断報告書のみかた より)

だって。

私は専門家じゃないからこのレポートを見て何かできるって訳ではもちろんないんだけど、それでもやっぱり自分のことだからちゃんと知りたい、っていう気持ちがあって、あらためてこうしてレポート読み直してまあよかったかな、と思います。

よく乳がんの分類で見かけるluminalとかステージとかはいまだ正確なところは分からず(書いてないし)。
これが私のもらった病理検査の結果のすべてです。

なお、あらためて病理検査の結果を読むに当たって参考になったのが
「乳癌の代表的な病理診断報告書」(←クリックするとジャンプします)

ふんふん、なるほどね~、私のもらったのになんとなく似てるじゃん♪
とか思ってたら、日付が「19××年」。
じゅ、十年以上前とほぼ同じ書式ですか…!

やっぱりもう少し分かりやすくしていただきたいです…。



病理検査シリーズ、普段使わない頭使ってちょっと(いや、だいぶ)煙が出てます。
よろしければぽちっと↓冷やしていただけますととてもうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

ありがとうございます
次は腫瘍マーカーの結果「そのまんま」、ですかね(←誰が読むの?)

スポンサーサイト

- 4 Comments

ぴょん吉  

5週間も待たされたのですか。不安だったでしょう。
私は2週間で結果が出たものの、一項目再検査になってさらに3週間待たされました。後の3週間は不安で不安でたまりませんでした。(その間にしっかり予習できましたが)
Ki67高いところで30%ということは不均一ながん細胞の一番高いところが30%で 平均はもっと低いということですよね。bammbiさんの病院の基準値は14%ですか?国際標準だと14%未満が低いとされていますが日本人の細胞は染色されやすいので20%を基準にしている病院も多いそうです。私のところの病院も20%未満が低 30%以上が高 間が中です。
Luminalは遺伝子タイプの分類なので免疫染色法での結果とは一致しないこともあるそうです。だからこの検査では分からないということでしょう。遺伝子型と表現型の違いということでしょうか?(私もようわからん)

2012/03/02 (Fri) 16:53 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/03/02 (Fri) 17:06 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/03/03 (Sat) 02:46 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

ぴょん吉さん

いろいろありがとうございます♪

> 5週間も待たされたのですか。不安だったでしょう。

長かったですね~。最初はどきどきしてましたが、あまりに遅すぎて、だんだん「まだ~(  ̄┏д┓ ̄ )
。」なんて感じになってきましたが(笑)。

> Ki67高いところで30%ということは不均一ながん細胞の一番高いところが30%で 平均はもっと低いということですよね。bammbiさんの病院の基準値は14%ですか?国際標準だと14%未満が低いとされていますが日本人の細胞は染色されやすいので20%を基準にしている病院も多いそうです。私のところの病院も20%未満が低 30%以上が高 間が中です。

14%が基準値だと説明を受けました。日本人は20%とは初耳です。
私の平均値、どうなんでしょうね?
なんか見た目でカウントするからけっこう大雑把とも聞いたことがあるようなないような…。

> Luminalは遺伝子タイプの分類なので免疫染色法での結果とは一致しないこともあるそうです。だからこの検査では分からないということでしょう。遺伝子型と表現型の違いということでしょうか?(私もようわからん)

分類方法もいろいろあって、病院によって採用している指標も異なるようですね。
まあ、知ったからと言ってなにがどうなるわけではないですがやっぱりちょっと知りたいような。
うーん、難しい。。。

2012/03/03 (Sat) 12:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。