スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルモン療法・リュープリンにした理由は…

bambi40歳。

一般的には若いと言えない年齢ですが、今かかってる病院の外科の患者の中では若い方だと思います(外来の待合+化学療法室の平均年齢高いよっ!)。

さて、今から少し前。まだ化学療法をやるかどうか正式に決定していない時。

「リンパ節転移あり。+Ki67 30%」という結果を受けて化学療法を勧める主治医がこう言った。

まだ若いからこれからのことを考えたら化学療法をお勧めします。」

そうだよね~、やりたくないけどやっぱりやった方がいいのかな、なんて思ってたら続けてこんな言葉が。

「まあ、若いって言っても70代80代の人と比べたらってことですが。」

分かっとるわっ!!!


結局抗がん剤の使用を決めて、後日薬剤師さんによる「お薬相談室」へ(bambiの病院では化学療法前に薬剤師さんによる説明があります)。

女性の薬剤師さん(40代後半ぐらい?)は抗がん剤について、非常に丁寧に説明してくれました。
メインはやっぱり副作用に関すること。

薬剤師さん「副作用が出やすい人は…アルコールに弱い人や乗り物酔いの激しい人ですが、お酒とかは大丈夫ですか?」
私「はい、どちらも大丈夫です。」
薬剤師さん「そうですか。それと若い女性も副作用が強く出やすいんですが…
私「…」
薬剤師さん「これは関係ないですね。

なら言うなっ!!!!!


んで、主治医の話に戻って

主治医「ホルモン療法の注射には4週間ごとのものと12週ごとのものがあるんだけど、12週の方(リュープリン)でいいですか?」

私「何が違うんですか?」

主治医「効き目は一緒で、妊娠の希望とかあったら調整しやすい4週間ごとがいいんだけど…
………………妊娠の希望、とか…………………。」(←明らかにないよね、って目で見る)


ええありませんよ!
という訳で12週のリュープリンに決定!!
ちょこちょこ行くよりこっちの方が安いしね。


なお、入院した時、メインで担当してくれた看護師さんとは自分+子供の年齢がほぼ同じ。
「でもこのへんだと私たち高齢出産ですよね。」って。
ああ、そうだよ!次男のクラスのM君のママ、私よりちょうど10歳年下だよ!

この話題、尽きませ~ん!



あれ?リュープリンにした理由を述べるはずが加齢の愚痴に( ̄▽ ̄;)??
そんな私に↓ぶすっと一発↓応援いただけますとうれしいです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

ありがとうございます
(若返るわ~(笑))

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。