スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひと匙の砂糖が薬を飲みやすくする

ひと匙の砂糖が薬を飲みやすくする、ということわざがあるそうです。

文字通り薬に砂糖を混ぜる、という意味だけでなく、日常に楽しいことがあれば辛いことも乗り越えられる、という意味があるのかな?
最近新聞で読んでとても気に入った言葉です。

私にとっての「ひと匙の砂糖」は、やはり家族と過ごす楽しい時間だったり趣味の時間だったり。

年末年始はタキソテールでぶっ倒れてる予定なので
この連休は砂糖を堪能することにしました。

cook.jpg

クリスマスパーティーのピザは夫作。

cake.jpg

ケーキはbambi作。

実は、「ピザもケーキも手作りって…そんなに作ったら疲れて具合悪くなるよ」と夫が難色を示したので、
「ならピザ作って(。-∀-)」とおしつけて・・・いえ、お願いしました(笑)。

今日、25日は日帰りで片道4時間かけて墓参りへ。
寒くて、墓地滞在時間わずか5分(笑)。
その後は姉一家と焼肉と買い物へ。
(これはじっくり時間をかけて。お父さん母さんごめん(笑))


「砂糖」とり過ぎ?
でも私の「薬」は、抗がん剤なんて劇薬だからこれ位いいか♪

明日は明日で夫の誕生日♪
また「砂糖」とっちゃいま~す

治療中の皆様、「ひと匙の砂糖」楽しみましょうね



夫のお誕生日ついでに
ぽちっと応援↓いただけますとうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

いつもありがとうございます


おまけ

墓参りの道中、ユーチューブを見てたら、安全地帯が「熱視線」という曲をなぜか名古屋の墓地(!)で歌っているザ・ベストテンの映像を発見。
「な、なぜ墓場で歌う?」と思ってたら、「死線」と「視線」を掛けているのではないか、とのコメントを発見し爆笑。深い、深すぎる、ザ・ベストテン…。
スポンサーサイト

- 5 Comments

まろ助  

いいですね〜♪

美味しそー\(^o^)/
しかも手作りなんて素晴らしすぎます。
ほんとにお料理上手なんですね 。旦那さんも上手!砂糖のお話、思わず頷き「そうよねー、キツい薬でグロッキーやったりすんねんからたまには甘〜くてもバチ当たらんよね…いい、いい!」一人変な共感と納得と…って連日ケーキ食べてますがそれはどーでしょう( ̄▽ ̄;)
よし、また頑張るぞ!ありがとう、bambiさん(^o^)v

2011/12/26 (Mon) 09:49 | EDIT | REPLY |   

プリエ  

こんばんは
ビザ、ケーキも凄く美味しそうですねー!!素晴らしいです。
私は、しこりが2cm弱で、温存手術でした。幸い、リンパ節への転移もなく、がんの顔つきがおとなしいものでした。
乳ガンと診断される前から、8年位バレエを習っています。そのせいか、手術のすぐ後も手術側の腕は上がりました。
11月からは、全く以前と変わらない生活が送れています。主治医の先生、医療機関の方には感謝の気持ちで、一杯です。
でも、突然癌を告知された恐怖感、今後の生活に対する不安感は、今も残っています。
bambiさんの抗がん剤の苦しみは、想像しかできません。少しでも軽くすむように、祈っています。
そして、癌で苦しむ人が、一人でも減りますように。
bambiさん、この戦いが開けたら、お祝いしましょうね!
それから、今日もbambiさんの過去のブログを読んで、また笑わせて頂きました。「手術当日の衝撃」は、エー、ウソーって感じ。


2011/12/26 (Mon) 21:02 | EDIT | REPLY |   

プリエ  

こんばんは
ビザ、ケーキも凄く美味しそうですねー!!素晴らしいです。
私は、しこりが2cm弱で、温存手術でした。幸い、リンパ節への転移もなく、がんの顔つきがおとなしいものでした。
乳ガンと診断される前から、8年位バレエを習っています。そのせいか、手術のすぐ後も手術側の腕は上がりました。
11月からは、全く以前と変わらない生活が送れています。主治医の先生、医療機関の方には感謝の気持ちで、一杯です。
でも、突然癌を告知された恐怖感、今後の生活に対する不安感は、今も残っています。
bambiさんの抗がん剤の苦しみは、想像しかできません。少しでも軽くすむように、祈っています。
そして、癌で苦しむ人が、一人でも減りますように。
bambiさん、この戦いが開けたら、お祝いしましょうね!
それから、今日もbambiさんの過去のブログを読んで、また笑わせて頂きました。「手術当日の衝撃」は、エー、ウソーって感じ。


2011/12/26 (Mon) 21:05 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

まろ助さん

> 美味しそー\(^o^)/
> しかも手作りなんて素晴らしすぎます。

ありがとうございます~。

> 砂糖のお話、思わず頷き「そうよねー、キツい薬でグロッキーやったりすんねんからたまには甘〜くてもバチ当たらんよね…いい、いい!」一人変な共感と納得と…って連日ケーキ食べてますがそれはどーでしょう( ̄▽ ̄;)
> よし、また頑張るぞ!ありがとう、bambiさん(^o^)v

そうそう、いろいろ楽しくしないと、気力も回復しないですよね。
私も連日ケーキでほんとに砂糖いっぱいとってます。
ひと匙じゃないし(笑)。

2011/12/27 (Tue) 06:52 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

プリエさん

> こんばんは
> ビザ、ケーキも凄く美味しそうですねー!!素晴らしいです。

ありがとうございます(^o^)v
(ってたいしたものではありませんが)

> 私は、しこりが2cm弱で、温存手術でした。幸い、リンパ節への転移もなく、がんの顔つきがおとなしいものでした。
> 乳ガンと診断される前から、8年位バレエを習っています。そのせいか、手術のすぐ後も手術側の腕は上がりました。
> 11月からは、全く以前と変わらない生活が送れています。主治医の先生、医療機関の方には感謝の気持ちで、一杯です。

バレエですか。
8年も続けてるのがすごいですね。姿勢もよくなりそう。
おとなしい顔つきのがんとのこと。油断は大敵ですが、よかったですi-236

> でも、突然癌を告知された恐怖感、今後の生活に対する不安感は、今も残っています。
> bambiさんの抗がん剤の苦しみは、想像しかできません。少しでも軽くすむように、祈っています。
> そして、癌で苦しむ人が、一人でも減りますように。
> bambiさん、この戦いが開けたら、お祝いしましょうね!
> それから、今日もbambiさんの過去のブログを読んで、また笑わせて頂きました。「手術当日の衝撃」は、エー、ウソーって感じ。

抗がん剤はいろいろ副作用の少ないものが研究されているようですね。
私のやったFECも、ずいぶん副作用対策の薬が進化して、3年ぐらい前と比較してうんと楽になったようです。
数年もたてばもっといい薬ができると、なんだか楽観的に信じてますi-179
激務の主治医が先に倒れないか心配ですが…。
(「手術室で医者が寝てた。」話は、いまだに「私もそう!」という話にたどりついたことがありません(笑)。レアな体験させていただきましたi-229。)

2011/12/27 (Tue) 07:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。