告知。

2011年5月6日乳がん告知

数週間前に受けた組織診の結果を聞きに一人総合病院の外科外来に。

席に着くや否やお医者さんが
「がんでした。これから治療のため全身をくまなく調べます。」
と、即刻他の診療科に行くことを指示される。

あまりのスピードに「はあ、そうですか。」としか言えず。
ショックでもなく、ただただそれが事実なのだという感想。

よく「告知を受けた側」の感想は見るけれど
「告知する側」の気持ちはどうなのだろうか?
「告知の仕方」には正解などなく、聞きたくもない人から、オブラートに包んだように言ってほしい人、はっきり
言ってほしい人までさまざまだろう。

がんに限らず、病状を告げることが医療機関の方の心の負担にならないことを切に願う。



参加してみました!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

よろしければ↑クリック して応援してください

2 Comments

ゆうき  

No title

今日、細胞片を取り、とった痛みと、先生にあまり良くないね、の言葉。
癒着しているし、しこりも大きいのが自分でも見てわかる画像を見て
愕然とし、何もできず、ただ涙しかでず、
結果もまだですが苦しくて、頑張る意志も出ず、眠れない。
すると、色々もしかしたらを想定して検索をしていたところ
こちらのブログに出会いました。
明るい文章に励まされ、自分は今とにかく、頑張ってきたことすら
やる元気もない悔しさと不安でいっぱいで
でも両親、友人に
不安をぶつけることもできずまずここで辛いことがわかりました。
そんな気持ちを
ついついこちらに書き込むことで心を落ち着かせる手段に使ってしまうこと
お許しください。
また読ませてもらいますね。

2018/02/19 (Mon) 22:04 | EDIT | REPLY |   

bambi*  

ゆうきさん

> 今日、細胞片を取り、とった痛みと、先生にあまり良くないね、の言葉。

こんにちは。
コメントに気づくのが遅くなってしまいました。
本当にごめんなさい。

良くないかもしれないと言われたショック、とてもよくわかります。
それに、

> やる元気もない悔しさと不安でいっぱいで
> でも両親、友人に
> 不安をぶつけることもできずまずここで辛いことがわかりました。

この気持ち、とてもよく分かります。
心配をかけたくなかったり、人に負担をかけたくないお気持ち故ではありませんか?
そうであれば、ゆうきさんはとても大人なのだと思います。
でも辛いですよね。

ブログを読んで、そして書き込みをして、少しでも気持ちが救われるのであれば、どうぞいろいろお聞かせください。

わたし自身も通った道です。
ブログで吐き出し、聞いてもらい、とても救われました。
なにもできませんがゆうきさんのこと、心から応援しています。
見つけていただき、そしてコメントをいただき、本当にありがとうございました。

2018/02/24 (Sat) 21:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment