FC2ブログ

ALIVEアライブ がん専門医のカルテに登場!

ドラマ(ALIVEアライブ がん専門医のカルテ)に「乳がんと診断されたらすぐに読みたい本」が映ってましたー。

20200117072735301.jpeg


シチュエーションは、乳がんと診断された若い女性の乳がん患者の佐倉莉子(小川紗良)。自分が乳がんと診断されたことが信じられないなか、診察後、乳房全摘手術が望ましいと聞かされ、いろいろな本で情報収集‥。しかし動揺から術前の説明もすっぽかしてしまい‥。で、読んでた本(のうちの一冊)。

20200117072719645.jpeg


お姉ちゃん、お姉ちゃん、この本、めっちゃ綺麗に再建した人の写真(千恵ちゃん)もちゃんと載ってるで!ほら、ここ、ここ!!
と教えてあげたくなりました(笑)。
(ついでに「あんな、この本書いたおばちゃん、めっちゃ元気に生きてるで。」とも。)

202001170726560ed.jpeg


ちなみに最後のテロップにも書籍名とか出してくれてました。

20200117072615d24.jpeg


かなり一瞬なのでイチロークラスの動体視力でなければ読めませんが(笑)。

なにはともあれ嬉しいお年玉でした♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

ヴェネチア本島→ムラーノ島→ブラーノ島

到着後すぐえらいめにあってしまったヴェネチアですが、気を取り直して観光へ。

離島がいいらしい、との情報。
なんでもヴァポレットという水上バスでお安く行けるのだとか。

vaporetto.jpg

こんなやつね。

ちなみに乗船価格にはいろいろな設定があって、
1回券(75分間有効):7.5ユーロ
24時間チケット:20ユーロ
48時間チケット:30ユーロ
(2019年夏)

明日も使うよね!と48時間チケットを購入。

P1020947.jpg


IMG_2326.jpg

行ってきまーす!

まず向かったのはムラーノ島。

P1020833.jpg

水上バスに乗って15分ほどで到着。
この島で有名なのはこれ、

ムラーノ島

ヴェネチアンガラス!

IMG_2328.jpg

まずはベタに工場見学。

★P1020835

暑そう?
はい、暑いです

IMG_7553.jpg

工場見学のあとはお店巡り。

IMG_7778.jpg

息子たちが日本に連れて帰ったのはこのこたち。

IMG_7558.jpg

島内にはガラスを使ったツリー上のモニュメントも。

さて、さくっとムラーノ島を観光して、
また水上バスに乗船。

muranofaro.jpg

水上バスの乗り場ってこんな感じ。
ムラーノ島からブラーノ島へは、同じく水上バスのヴァポレットを利用して行きます。ムラーノ島のムラーノ・ファロ(Murano Faro)停留所から12番線のヴァポレットに乗船し、ブラーノ島のブラーノ(Burano)停留所へ向かいます。
次は40分ほど水上バスに乗り、着いたのは・・・

★IMG_7567

カラフルでかわいいブラーノ島
ちなみに息子たちからは「40分⁉️遠い💢」
「興味ない。帰りたい😩」と散々な言われようでしたが無視して連行(笑)。

★IMG_7582

わーい、かわいい

P1020859.jpg

P1020846.jpg

P1020850.jpg

ブラーノ島はレース編みの産地でもあります。
我が家もお土産用にハンカチ(の安いやつ)を購入。


ブラーノ島もさくっと見て回ってヴェネチア本島へ。
って、息子2人とも乗り放題のチケットなくしやがった‼️
キーーーーーーッ‼️



イタリア サンタ・ルチア駅前(ヴェネツィア)危険情報


2020年新春。
いつまでも夏の旅行の話で引っ張る私(笑)。

さて、フィレンツェから次に向かったのは・・・

IMG_7602.jpg

水の都・ヴェネツィアです。

この写真は駅前。
駅舎から外に出た瞬間からヴェネツィア感いっぱいです。

IMG_2322.jpg

スーツケースを持ったまま早速写真をぱちりぱちり・・・。
してると息子たちと夫の姿が見当たらない?

70412897_894854427552728_1565650260976467968_n.jpg

ところでヴェネチア、って行かれた方いますか?
行ってみると分かるのですが、水路の多いヴェネチア。
公共交通機関は船で、街の中は橋がいっぱいあります。

素敵〜。
異国情緒〜💕

写真は私がのんびり写真を撮っていたヴェネツィアの鉄道駅「サンタ・ルチア駅」の目の前にある橋です。
ヴェネツィアは水上交通が優先なので、橋の形状はアーチ状となります。
駅前のこの橋の下も沢山の船が行き交うので大きなアーチです。

素敵〜💕

ですよね。
観てる分には・・・

でも旅行客はこういう橋を重いスーツケースをかついで行かないといけないのです。
橋を渡った向こうにあるホテルにチェックインするために、撮影中の私は置いてこの橋を渡りはじめた夫と息子たち。


69231637_894895607548610_6730109114543767552_n.jpg


呑気にヴェネチア駅前で写真を撮っていた私。
ホテルに行くか‥と、スーツケースを押してくだんの橋に向かうと、先に行ったはずの次男がかけよって来て何も言わずに私のスーツケースをつかんで階段状の橋を駆け上がっていきました。

まあ、なんて成長したの‥私の育て方が良かったからね‥笑。

と感動に浸る間も無く、次男の後ろをついて到着した先には、見知らぬ外国人男性と夫と長男。
夫たちのスーツケースはその外国人男性たちが壁と自分たちの間でがっちりガード。

「?????」

状況が読み込めない私。
なになになに??
でも、どー考えても友好的な状況ではなさそうなのは分かる‥。
夫、ポリスがうんちゃらかんちゃら口にしてるし‥。

この人たちポリス?まさかうちのスーツケースに変な薬とかだれかが入れた?
いや、この人たちポリスじゃないよね、きっと‥。
ヤバい人っぽいし‥。
てか、どう見てもチ◯ピラ‥。

と思ってると小銭入れから小銭を出してその人たちに払う夫。
でもまたなんか言われて、夫拒否ってる‥。

で、ようやく我が家の荷物が引き渡されたものの、猛ダッシュで無言でみんなその場を離れるので私は相変わらず何が起こったか分からないまま。
真相を知ってのはようやくホテルにたどり着いてから。

橋を渡ろうとごろごろーと、呑気にスーツケースを動かしてた豊増ファミリー。
すると突然現れた屈強そうな男性外国人(アフリカ系?)2人にスーツケースをひったくられた‼️‼️
待て‼️と言ってももちろん無視。

ギャーーー‼️
ひったくりーーーーーー!

ではなく、あの人達は橋のたもとで勝手に旅行客の荷物をひったくって運んで法外な料金を請求する、
まあ、どっちにしても悪い人らしい。

で、請求された金額、スーツケース3つでなんと50ユーロ!日本円で6000円‼️
誰も頼んでないのに‼️

夫が5ユーロで交渉したものの長引いて結局10ユーロに‥。
ああ、夫と息子達がゴリマッチョだったら目をつけられることはなかったのに‥(←たぶん弱そうな東洋人に目をつけてる)。


P1020923.jpg

まあ、こんな感じ(華奢&小柄)ですからねえ・・・。


と言うわけであらためて日本って治安いいんだな、と思い知りました。


ヴェネチア行くことあったら皆さん、十分注意してくださいね!
(ちなみにこの話、夫がホテルの受付のおばちゃんに話したら←冗談のつもり、「気をつけないとダメじゃない!」ってめっちゃ怒られてました💧とほほー。)

「乳がんと診断されたらすぐに読みたい本」がドラマに登場するかもしれません。

2020年1月から放映される、フジテレビの医療系ドラマ「ALIVE」で、「乳がんと診断されたらすぐに読みたい本」が小道具として登場するかもしれません。

https://www.fujitv.co.jp/alive/

20191229135041c66.jpeg


制作関係者曰く、使用するかどうかはまだ確定ではなく、使用するシチュエーションに関しても変更になる可能性があるとのこと‥まあつまりもしかして、なんですが、とりあえず今はいい夢見ています^_^。
(私は1月9日のスタートからがっつり録画してガン見します(笑))


(この本ね)

20191229135737d3d.jpeg


今年嬉しかったことつながりで。
オンコロさんのインタビューが冊子に掲載され、
「みんなでキレイになる日」にてこんな風に飾っていただきました💕💕

オンコロの中島さん、アトリエリリーの石黒さんに心から感謝申し上げます😊

今年最後の投稿です。
(まだイタリア旅行記終わってないけど(笑))
みなさまよいお年を〜( ^_^)/~~~

あ、そういや、1月9日って結婚記念日だった(もう何回目か分かんないけど)。
真面目に頑張ってたらいい夢見れることもあるということで^_^。

予約してフィレンツェのドゥオモにのぼってきた


フィレンツェからピサに行って帰ってきた我が家。

次に向かったのはここ。

P1020788.jpg

どこ?って?

ちょっと引きで見ると・・・

IMG_7456.jpg

フィレンツェの顔ともいえるドゥオモ。

P1020658.jpg

ドゥオモだけ単体であるような印象でしたが、意外とでかいです。
教会の名は「花の(聖母)マリア」を意味する
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。

P1020819.jpg

予約制でこの鐘楼にも登れるのですが、
今回はドゥオーモ(大聖堂)へ。

IMG_7529.jpg

IMG_7386.jpg

外観はこのように豪華な装飾が施されていますが

P1020818.jpg

中は意外と(?)地味。

P1020792.jpg

天井には最後の審判。

さて、ここから階段をのぼっていきます。
高さ90m、464段。

P1020797.jpg

いきなり探検チックな雰囲気に(笑)。

P1020791.jpg

ところどころに窓があって外が眺められます。

P1020795.jpg


建築当時、数百年後に世界中から観光客が来るなど想定だにしていなっかたであろうと思われ、通路は超狭いです。
そのため予約制になっているのですが、それでもところどころで渋滞が

さて、のぼって、のぼって・・・



着いたー

★P1020813

P1020803.jpg

フィレンツェの街は駅に着いたときは(ドゥオモとかも見えないし)、あんまりフィレンツェ感ないんですが、こうしてみるとフィレンツェ感満点です。

ちなみに90mって30階くらいに相当するみたいですが、あんまりしんどくはなかったです。

さて、おのぼりさんらしく、ピサの斜塔、ドゥオモと一日でのぼってあとはホテルでゆっくり・・・


あいかわらずできないので買い物に。

IMG_7534.jpg

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局
現存する世界最古の薬局ともいわれています。

外観は地味なのですが、入ってびっくり!
もとは裕福な家の礼拝堂だったそうです。
(地味すぎて外観撮ってない

IMG_7538.jpg

IMG_7537.jpg

お土産に石鹸とかいっぱい買って帰りました
息子たちはこんなお店興味ないので
ホテルでスマホいじってました(笑)。

・・・と、合流して食事に。

IMG_7544.jpg

毎回パパがトリップアドバイザーで探してくれます

IMG_7540.jpg

IMG_7541.jpg

あんまり美味しそうに撮れてないけど美味しかったです

そういやフィレッツェでは市場にも行きました。

P1020729.jpg

日本人のいるお店もあるのでお土産調達にぴったり

P1020728.jpg

さて、フィレンツェ満喫。
次は水の都に向かいます